週末備忘録

2017年07月02日 20:14

6/30(金)
この一週間は、残業時間を抑える為、毎日早めの退社になる予定だったが、担当した案件のトラブルで、一週間バタバタとなった。
金曜日は、お寺見学。木造で作れば良いというものではない。ただ、やはり木はいい。物そのものと素直に接することができるからだろうか。

7/1(土)
一日、ほぼ家で過ごした休日。
午前は掃除、読書、ランニング。
午後は昼寝、読書、ボクササイズ。

7/2(日)
朝から、京都大原へ。いつかは行ってみたいと思っていたところ。
三千院、勝林院、宝泉院、寂光院と廻り、民宿大原の里で温泉に浸かり、市街地へ。
途中リバーさんに寄り、吉田山散策をした頃、急な大雨に襲われ、バスに乗って京都駅へ直行。
駅構内でそばと親子丼を食し、名古屋に戻ってからは、組合に寄贈(?)する本を購入し、花屋でホテイアオイを2株購入し、喫茶店で寛いでから、寮へ。
風呂に入り、記録をまとめる。
ホテイアオイが増え、大きな鉢に放たれた子メダカも、何とか頑張って泳いでいる。
私も頑張ろう。

77_床

2017年06月25日 21:33

170625.jpg

枯れても美しい、椿。

週末備忘録

2017年06月25日 21:31

6/19(月)
朝から、方々から誕生日メールを頂く。とてもありがたい。

6/20(火)
お寺のCGが段々出来てくると、そのものの感動を少しずつ味わっていくことになる。作りながら思う。日本建築には空間がない。なんというか、素材という塊があり、そこにくり抜かれるように神様、仏様がいる。西洋近代建築に「空間」があるのは、そこに「人間」がいるからである。日本建築にあるのは空間ではなく、空、或いは「ものそのもの」である。
(そういえば、丸山先生が、アイゼンマンの試みは、建築から人を追い出すこと、のようなことをいっていたな・・・)

6/21(水)
午後、愛知県県庁で打合せ。軒を見あげると、RCで小さく垂木が作っていった。今まで気がつかなかったが、付けたくなる気持ち(?)はとてもわかる。

6/22(木)
かつかつに忙しいわけではないが、心が急いている。今は、テストコース案件。となりに座る上司との関係も、なんか良くないような、気持ちが晴れない日常である。
そんななか、目をつぶることを意識してみた。昨今、当然のようにどこへ行っても目を使い、疲れるということと、常に休息がほしいと思いながら、でもPCで画像を検索してしまったりとか、結局自分で休息の時間を奪っている気がして、日常的に、小さな休息を取ることが重要かと思った。
そのおかげか、今週は目がそんなに疲れていない。そうすると、色々なことに目がいくので、とてもよい。

6/24(土)
朝食を食べたら、ヨガ、抹茶を頂き、部屋の掃除、靴磨き、その他諸々。目を瞑ること。この一週間、この行いによって、精神的平静を保てた部分があるように思う。
昼前に車で茶道教室へ。かき氷を食べてから、お稽古。清々しい。
お茶仲間が、東京へ転職するらしい。頑張ってほしい。
午後、新幹線で東京へ。母と弟と有楽町高架下の居酒屋で食事。
夜は品川泊。

6/25(日)
雨の中、群馬へ。
とても、暖かい一日。
これまで、触れることがなかった世界に触れた気分である。

ちょっと前に読んだ本

2017年06月18日 23:07

『京都暮らしの四季―極楽のあまり風』 著:麻生圭子

170618-4.jpg

麻生さんの本2冊目。なかなか名著である。単に、京都での町屋暮らしではなく、生活哲学があり、共感できた。

『紙の月』 著:角田光代

170618-5.jpg

今になってみると、なかなか恐ろしい本でもある。

76_床

2017年06月18日 21:24

170618.jpg

母のエストニア土産と、直筆ヘルシンキマップ。


最新記事