263_栗林公園掬月亭(香川県高松市) 

2017年05月21日 19:56

この空間に触れると、ミースが提唱した(?)、近代的な空間とは何であったのか、と思う。既に、これほどまでに完成され、透明性と揺らぎがあり、浮遊感を帯びた建築があるのである。そして、それは単に固定化された空間ではなく、お茶を通した所作に寄り、空間が変容するのだ。
近代とは、何であったのだろうか・・・

170521-1.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1986-ab56e6fc
    この記事へのトラックバック


    最新記事