スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末備忘録

2017年05月21日 19:53

5/15(月)
京都の職人さんに指摘されて以降、建築理論について再考する。最近、身体性のみを考えていたせいか、それを言葉にすることを怠っていた。
通勤電車に乗りながら色々考えると、結局は、以前の「風のイエ」と、現在でも変わっていないように思えた。風を読み込むための「なにもない場所」をつくるということ。私は今、それを茶道という動作を通じて、自らの身体で表現する。誇張して言えば、茶道の空間(禅の空間といってもよいと思うが)があれば、そこは「なにもない場所」に成り得る、ということである。
そしてそれは「永遠に普通な建築」ということになるのかもしれない。

5/17(水)
人間関係において、解決策を提示することと、人に寄りそうことは異なる。男は、性が外部にあり、女は、性が内部にある。その違いに、何か連動することがあるような気もする。
先日の3Dアルゴリズム設計の講習を経てから、色々考えていたが、「想像を具現化された建築」より、「想像を喚起させる建築」の方が、私にとっては美しい、ということかもしれない。

5/18(木)
最近、5時起き、6時半出社のサイクルに戻した。朝、人が少ないのは、とても心地が良い。

5/19(金)
お寺案件について、上司のアドバイスに従った結果であるが、その結果、実に膨大な期間を設計業務にあたることになり、設計料赤字の様相を呈してきた。上司にはかなり嫌がられたが、こちらとしては上司の方針に従った結果なので、何を今更という感じで・・・
設計期間を十分にとらざる得ない状態になったということで、私としては、ある意味最高の「復讐」であるわけだが、それと同時に、この会社では、前例がないことに取り組むことができない、ということが良くわかった。
夜早めに仕事を切り上げ、茶道友達と飲む。

5/20(土)
朝から香川県高松市へ。栗林公園掬月亭を見たく、訪れた。感想は別記。
公園内を散策しながら、香川県庁舎のピロティを通り、高松駅へ。以前見た時は、それなりの興奮があったような気がしたが、思ったよりも小さく、なんというか、コンクリートでの日本建築の表現というものは、なかなか疑問に思う点があった。以前とは、かなり感想が変わった。
坂出駅まで電車でいき、そこから歩いて坂出人工土地へ。メタボリズムに関心があった頃から、この計画には興味があったが、あまり心地よい感覚はなかった。人工的に作られた土地は、やはり人工物でしかないように思えた。空間の楽しさはあったが、空き家がかなり目立った。
少し歩き、相田先生設計の西園寺無量寿堂という建物を見る。外部から眺めただけだが、これについても、学生の頃と感想が異なった。いくつかのレイヤーで建築の構成しており、建築のゆらぎというか、曖昧性みたいな点に、以前の私は建築の可能性を感じていたかもしれないが、今は、その可能性を見ることがなくなってしまったように思う。
新幹線で岡山まで行き、後楽園に少し寄り、京都へ。駅ビルでお惣菜とデザートを買い、職人さん宅で夕食。どんな建築よりも、ここにいることが幸せ。

5/21(日)
朝ゆっくりしてから、パーさんで曼殊院へ。寺院そのものにも関心が合ったが、八窓軒の茶室が見られるということで、予約して入った。感想は別記。
それから、後輩お勧めの詩仙堂というお寺を見学し、パーさんをリバーさん宅に戻してから、バスで京都駅へ。
新福菜館にてラーメンを食し、電車で名古屋へ。駅まで買い物をし、家に帰ると、身体が疲れており、夕寝。
これから運動しようか、仕事もしなくては・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1984-c6ed0e77
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。