スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の抱負

2017年01月09日 20:55

もう既に遅いかもしれないが、言い訳はある。
ふと大切なことを知り、思いだしたからである。

ひとつは「身体は他者である」ということ。

松浦弥太郎が「おもてなし」というテーマで話をしているとき「美味しいものを食べること」ということを語っていた。何気なく聞いていたのだが、ふと「身体は他者である」ということを思った。すると、美味しいものを食べるということは、「他者」に対してのおもてなしである。そして「私(と認識しているような何か)」からすれば「他者である身体」は、永遠に付き合っていかなくてはならない親友であり、その親友を通して、あらゆる方々と接する。故に、自分の身体にとって心地よいことをしてあげるということは、私自身に対する贅沢ではなく、他者、そして、この世界で接する人々に対するおもてなしなのだ、ということ。

そして、笑顔が大切である、ということ。

松浦弥太郎も言っており、山口絵里子さんも書いており、年始にお茶の先生にも言われた。そして、京都の職人さんにも。年末の社内衝突を思い、年始は笑顔でいた。といっても、そんな簡単に笑顔は作れないが、頬を上にあげ、人と話すと、これまでは大して面白いと思わなかったことが、みなと一緒に笑える。それはきっと、笑うための準備だ。そして、良い空気の流れを作るための準備である、と。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1930-12752652
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。