週末備忘録

2017年01月09日 20:53

1/4(水)
新年の会社は、いつも同じことを思う。温かい。休みがあると、会社(というか社会?)に対する憎悪が増強されるのだろうか?
スタッドレスタイヤに履き替えしようと、なじみの中古販売店さんの担当者に連絡を入れたら、退社したとのこと。予想もしなかったが、当然のようにあの人にはあの人の人生があり、接客対応していない時の本音もあるわけで。当たり前のことだが、ちょっと考えてしまった。
3月末で「動く」ことを考えると、見える風景が、過ぎゆく風景に思える。

1/5(木)
年始から、いきなりのコンペでばたつく。

1/6(金)
午後から施主打合せ。応接室で出された煎茶を普通に飲んでいたら「やはり、ポルコは大事そうにお茶を飲むなぁ」と、後で上司に言われる。ちょっとほほえましい。夜は会社の方々と飲み会。それはそれで楽しい。
それなりに期待もされている。給料もしっかり貰っている。これ以上、何を自分は求めているのだろうと、少し考えてしまう。

1/7(土)
昼、自転車にて、カレーうどんむらかみさんへ。お茶の女性に教えて貰ったのだが、とても美味。それから、さらに自転車を走らせる。この日は、ニューバランスのスニーカーに、マフラー、手袋、バックパックと完全装備。最高に快適な装備。昼後の休憩は、名古屋大そばのリチルさん。これが最高に素晴らしいブックカフェ。小さな店内に、素敵な本が納められ、2人掛けのテーブルと椅子たちもほほえましく、そして何より、カフェに来る人たちが、とても本が好きそうな方で、幸せな気持ちになった。店内に置いてあったカメラを見ながら、写真を撮りたい気持ちに駆られる。しかし、この勢いでデジカメを買うのはちょっと控えたい。
夕方、ランニング。村上春樹の本を読みながら、ちょっと腕をしっかりふって走ってみようと試すと、これがとても良い。腕、というか肘をしっかり意識すると、下半身の力が抜けて、無駄な筋肉を使わないような気がする。早めの競歩のようだ。タイムも良い。今後、この感覚でいこう。

1/8(日)
早朝から、両口屋是清さん八事店へ。立礼席でお茶を頂く。
それから、お茶の教室に向かい、車で豊田市民茶会へ。何度も豊田へ行き、「名作」を見ながら、お茶室へ入る。不思議な光景だ。薄茶は、最後に入ったため立礼席になり、正客はじめ、全員を見落ろす視点となってしまった。これは大変見やすく、楽であるのだが、心地よくない。これが「近代」かと思った。私はお茶を通し、近代が失ったものを取り戻そうとしているのかもしれない。

1/9(月)
午前中、スタッドレスタイヤ交換へ。交換の時間にて、ケンタッキーで茶道パラパラ漫画を書く。車を引き取り、寮へ。すると、茶道友達から連絡があり、名古屋能楽堂へ行くことに。
昨日、お茶でお世話になっている男性の方に教えてもらった能舞台。シテの方のみお稽古お披露目で、それ以外はプロらしい。行ってみると、しっかりとした解説があり、とてもわかりやすく勉強になった。演目は「井筒」。やはり私は能が好きだ。
それから、自転車屋Y's roadへ連れて行ってもらい、空気入れなど物色。
友人の車で帰ると思いきや、彼が何となくまだ時間を過ごしたそうだったので、ハーブスでケーキを食し、オアシス21へ行ってから、車で送ってもらう。
夕飯は肉まんとチーズまん。しっかりお皿に移し、「いただきます」と礼をしてから食す。そうすると、とても心地よい。
外出の際、スケッチブックではなく名刺カードを数枚持った。松浦弥太郎の真似であるが、最近実質スケッチブックは使っていないが、何か書くものがないと不安なので、そのような方法を取ってみた。日々試行錯誤。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1929-9a37b8b0
    この記事へのトラックバック


    最新記事