スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜建築探訪

2016年07月29日 22:01

本日、代休をとり岐阜方面へ。

まず向かったのは藤村記念堂。これについて、感想は別記。

それから、岐阜メディアコスモス。伊東豊雄設計。それほど興味があったわけではないのだが、名古屋から近いし行ってみることに。

160729-3.jpg

仙台メディアテークの抽象化されたスラブと柱の考え方から、台中メトロポリタンの空間自体が構造と交じるようなイメージを経て、より人間の皮膚感に近い建築を目指されたのではないかと、勝手に想像した。
たしかに、空間を漂うような気持ちよさというか、そこにいたくなるような快感がないわけではないが、それほど良いものにも思わなかった。良くはわからないが、例えば、完全なフラットな空間だけ用意し、そのなかに世界中の家具をちりばめた方が、より漂い、自由に場所性を獲得していくような空間ができるのではないかと思ったりする。イームズの考え方かね?

その後、近くにある羽島市役所へ。

160729-4.jpg

坂倉準三設計で、施工は良く聞く会社。これもせっかく名古屋から近いので行ってみたが、別段感動というものもなかった。でも、建設された当時を思うと、大地から立ちあがった自由な造形力は、市民にとって、何か勇気づけられるような力になったのではないかと、建築側としての期待を思わなくもない。ディテールなどみると、結構普通というか、今でいえばちょっと古い市庁舎のイメージ。でも、それらの原型を作ったのが彼らなのだろうから、今から見てみれば、ということでしかないかもしれないが、逆に、親近感を覚えないこともない。普通であることは、建築にとってとても重要なことである。いつの時代も普通であり続ける建築があれば、それは名建築だ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1863-02038911
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。