スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界・内・存在

2016年07月17日 14:22

いつか読んだ、難しい哲学書。ハイデガーの『存在と時間』。そのなかに「世界・内・存在」という言葉がある。
彼が言ったのは「現存在は、既に、世界・内・存在である」ということだと思っており、私もそれに深く共感した。

しかし今、私は初めて世界・内・存在になれたのではないかと思ったりする。世界のなかにいる。お茶という作法を通じて。

丸山先生がコーリンロウについて語っている時に「建築の内部には入れない」という言葉を発せられた。私はその意味が、明確に分かっているわけではない。だけど、少なくとも、私はこれまで、建築に入ったことがなかったのだと思う。

今、私は、お茶を通し、初めて、建築の、世界の中に入れたような気がする。

「世界・内・存在としての現存在(=人間)」として。
スポンサーサイト


コメント

  1. 静岡のY | URL | -

    Re:世界・内・存在

    こちらでは久しぶりです。
    今回のブログを読んで感じるのは、30代になってなお、自身の中にパラダイムシフト(と言ってよいかわかりませんが)が起こり得るという嬉しさです。
    ポルコとは違う方法になりますが、自分も建築や世界の中に入れるよう(あるいは入れていると感じられるよう)にじり寄って行きたいです。
    それでは。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1857-bd085ebe
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。