スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末年始備忘録

2016年01月03日 23:49

簡単に。

12/25(金)
年末(私にとっては)最終日。施主打合せで静岡に行った後、夜は忘年会兼送別会。久々に若手の人と飲むが、盛り上がらず。だんだん気持ちが離れて行くのを感じる。いや、離れていることに対する疑問が、薄れてきている。これは否定から肯定に変わってきているということであるため、悪くないと考えている。周囲の話題は「とある女性とやれるか、やれないか」

12/26(土)
始発新幹線にて広島へ。祖母に会う。元気そうで何より。
昼ごはんにお好み焼きを頂いたら、一路神戸へ。竹中大工館。なかなか良い。特に、弊社所蔵の掛け軸には感動。
電車を乗り継ぎ、かんなみ新地へ。もちろん遊んではおらず、見学。可愛らしい女性ではあるが、人形見たいというか、世俗感がなく、やや怖かった。そのまま帰宅。

12/27(日)
午前は家で所要を済ませ、午後はお茶のお稽古。今年最後の稽古にて、健やかに終わる。友人とパフェを食べ、別れる。

12/28(月)
代休。朝から大須観音へ。骨董市にて、花器のお盆を購入。栄方面へ歩き、本屋へ。昼はすき屋の牛丼。夜は喫茶店にて、石山寺多宝塔の図面陰影入れを行う。

12/29(火)
始発にて京都へ。PORTAL CAFÉにてバイキング朝食。なかなか良い。
昼はZENCAFE。こちらは素晴らしかった。日本的な静謐感に、北欧家具による温かさが加わる。建築的に勉強になる。煎茶とお菓子も美味。
午後は京都の職人見習いさん宅へ。彼女が大掃除している間、杉本博司のドキュメンタリーを観る。
夜はちょっとしたパーティ。その後就寝。

12/30(水)
朝から新幹線にて、品川へ。私は品川から東京へ行き、丸善にて河井寛次郎の本を購入し、喫茶店にて読む。この芸術家のエネルギーに心底惹かれる。
その後銀座へ。銀座をぶらぶらするが、あまり収穫なし。本屋にて向田邦子の秘めごとに関する本を購入。
展覧会に行こうと六本木まで行くが、気が乗らず、これまた喫茶店でゆっくりしてからまた銀座へ。
今度は名店に出会う。銀座「たくみ」。民芸運動の関わるものを扱う。河井寛次郎の器も見る。かなり高価。濱田庄司の作品も素晴らしい。
太宰治が通ったバーに入りたいと思ったが、時間が合わず、入口だけ拝見し、千葉の実家へ帰る。
夜は母と祖母と夕食。

12/31(木)
午前中は読書などして過ごす。午後は、部屋の掃除と、ブックオフに本を売りに行く。夜弟が帰り、紅白歌合戦を見ながら宴会。

1/1(金)
早朝から湯島天神へ初詣出。その後は近くのマックにて、読書。
浅草にて民藝市なるものが開催されているということで、訪れる。小さなギャラリーだった。
浅草をぶらぶらし、喫茶店にて読書。夕方前には実家に戻る。

1/2(土)
早朝から青山へ。骨董市が開催されているはずだったが、年始のため休み。骨董通りのスタバで一服。
昼からは姉家族が合流。所要にて姉夫婦が帰り、姪が残る。その後は、姪との遊びに明け暮れる。

1/3(日)
朝から姪の歓迎を受け、プロレスなみの遊び相手。姪が喜んでいるのであれば、叔父としての役割が果たせている。人間として、喜ばしいことである、ほんとに。家を出る準備をしていると、母と祖母が喧嘩を始め、何ともいたたまれない気持ちで家を出、東京へ。
丸善にて、柳宗悦の『茶と美』と、ルーシーリーの本を購入。喫茶店で読書兼昼食。
15時の新幹線にて、名古屋へ。名古屋着後、高島屋の本屋にて器についての本を物色。職人見習いさんが18時前に着き、そのまま食事へ。ほろ酔いでスタバでくつろぎ、見送り、帰宅。

今年は河合寛次郎とルーシーリーでいきます。すぐに変わるかもしれませんが、今はそう思っています。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1765-1a9a38a8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。