221_端泉寺(富山県南砺市)

2015年12月21日 09:47

広々とした境内に歴史を感じさせるたたずまいの瑞泉寺は、一歩足を踏み入れるとその格調高い風格に包まれる。彫刻の町井波の寺院らしく、町の彫刻師たちの鑿(のみ)を打つ音がどこからともなく聞こえてくる境内では、本堂をはじめ山門や宝物殿、庭園や茶室など、注目すべき見どころが満載である。

木彫りで隆盛を極めたような、そんな風格があり、しかし、木彫り故に人の温もりがある。こちらの冬支度をした外装だが、これはこれで文化的な価値があるように思えた。木を組み、囲いをする様は、どこか楽しそうに思えてしまうのは、ちょっと無責任だろうか・・・

151221-9.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1761-2b9abddf
    この記事へのトラックバック


    最新記事