スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風景-53

2015年10月18日 20:44

151018-a-1.jpg

緑化するのか、建物を建てるのか・・・。矛盾を同一化しているところは、西田幾多郎の哲学を思わせる・・・?

151018-a-3.jpg

151018-a-2.jpg

寮のそばで見つけた喫茶店。何かのアニメ映画に出てきそうな、不思議な空間。

151018-a-4.jpg

行きつけの京都駅内カフェ。早朝の、まだ人が少ない店内と、それでも歩きまわる店員さん。

151018-a-5.jpg

寮のそばで見つけた、建設中の住宅。朝見たら鉄骨の建て方完了時で、スリーブが均等に開けられた鉄骨とその構成は美しく、しかし、数時間後には、表面に「張りぼて」が貼られていた。張りぼて・・・というのは、蔑んだ言いまわしではなく、「何かを似せて作った物」と、ここでは言いたい。良い悪いは知らないが、やはり、考えてしまう。

151018-a-6.jpg

自然なのか人口なのか、美しき空虚。

151018-a-7.jpg

田舎の喫茶店のトイレ。別段、高級感もしゃれっ気もない明るい店内なのだが、トイレだけはやたら暗く、異世界を思わせた。確かに、日常のなかで、トイレくらいは暗くても良いかもしれない。

151018-a-8.jpg

151018-a-9.jpg

名古屋市覚王山にある揚輝荘。かつて栄えた社交場。とある施主から勧められたので、足を運んだ。特徴的な外観よりも、網代天井の方が気になった。大学一年の頃、洋館が好きで、いくつか見て回ったりしていたので、ちょっと懐かしい。

151018-a-10.jpg

商業地域で出くわす、カオナシ建築。表はめいっぱいお化粧しているが、それ以外がのっぺらぼう。

151018-a-11.jpg

逆に、住宅街で見つけた端正な住宅。庭の大きな石が何を示しているかわからないが、佇まいが美しい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1736-aa8c6a82
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。