贅沢

2015年10月16日 21:19

昨日、ビルケンシュトクのサンダルを、修理から引き取った。ソールがボロボロだったのである。購入してから数年経つが、どこでも履いていた。

同じ頃、ポーターの鞄を修理に出した。マジックテープや、チャックの部分が切れており、鞄としての用途を段々満たさなくなっていた。高校生から使っているから、無理もない。むしろ、こんなに使いこむことができるポーター製品は、やはりすごい。こちらは修理に3カ月かかるとの事だったので、まだまだ時間がかかる。

これまで長い間使ってきたものを、修理に出すということ、そして、それを待つということは、とても贅沢なことである。共に、修理費は1万円である。その値段で、違う物も買える。

でも、修理するということは、これまでの蓄積に上に、これからが乗っかるということである。時間をかければかけるほど、自分と同化していく。

こんな贅沢は、なかなかない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1733-8cb5580a
    この記事へのトラックバック


    最新記事