スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

209_大徳寺(孤篷庵)(京都市北区)

2015年10月07日 22:41

京都府京都市北区紫野にある臨済宗の寺院。臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭である。他の塔頭群とは離れた、大徳寺境域の西端に位置する。庵号の「孤篷」は「一艘の苫舟」の意で、小堀政一(遠州)が師事した春屋宗園から授かった号である。
(wikipediaより)

これはなかなか圧巻であった。小堀遠州好みの「綺麗さび」というものであろうか、実に現代的であった。この庵を訪ねて、私は初めて利休の位置づけが理解できたように思えた。利休は、世界を手元に置いたのである。そして、小堀遠州はそれを広げたのである。織部は・・・?それはこれから、色々訪ねながら身体で理解していく。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1726-1be2b483
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。