206_大徳寺興臨院(本坊)

2015年09月28日 23:00

特別公開第二弾。本坊。これは別の意味で圧巻だった。文化財としての建築。それが、バクやら蜃やらでコテコテワンダーランドであり、かつてのディズニーランドのような唐門に始まり、悠久の龍が泳ぐ法堂。しかし私が震えたのは、方丈内の吹きさらしの空間。「広い廊下」とお寺の方は表現されていたが、確かに「名もなき空間」であった。それはかつて、篠原一男が目指した空間そのもののように思えた。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1720-4e2df518
    この記事へのトラックバック


    最新記事