秋の備忘録

2015年09月21日 22:03

日常の備忘録。些細なことでも、些細なことほど、記録しておくに値する。

蕎麦打ちについて、本日2回目。ステンレス製の包丁を本日購入した。2万円したが、料理道具専門店の店員さんの意見に倣った。自分が知らないことを知っている「師」に服従すること。それが間違っていたなら、師の意見が間違っていたのではなく、そうした師を選んだ自分が間違っていたと思うこと。そのために、良い師と巡り合う準備をしておくこと、それは、内田樹さんに習ったことかもしれない。
今日は水分が少し多く、なかなかうまくいかない。一度教室に通った方が良いかもしれない。

150921-a-3.jpg

150921-a-2.jpg

150921-a-1.jpg

150921-a-5.jpg

150921-a-4.jpg

部屋の本棚の整理。ジャンルではなく、背の順に並べる。そして、前にも上にも本を重ねない、本の前に物を置くことは可。そのルールでざっくり並び直したら、とても良くなった。見た目もすっきりしていて良いが、何か本を探そうとすると、想定していなかった本に出会う。なにせ、コルビュジエの隣にはメダカの本があり、その隣には哲学の本があったりするのだ。陶器や、木といった、自然素材に近い物が増える中で、ビニル系のおもちゃの居場所に悩んでいたのだが、本の前にジャンクのように置いておくのは、それもまたよい。

150921-b-1.jpg

メダカについて、数日前に楊貴妃メダカとミナミヌマエビを補充したが、メダカは次々と死んでしまった。大安売りで購入したからは、それも水質の問題か。とりあえず、成長し増殖し過ぎたホテイアオイをそいだ。水面を作ってあげれば、もう少しのびのびと生きていくだろうか。メダカ2シーズン目だが、今年は難しい・・・。

150921-c-1.jpg

150921-c-2.jpg

トイレに置かれた置物。茶道の先生のお店で購入した陶器に、鳥取砂丘の砂を入れ、流木を置いた。なかなか良い。人口と自然の衝突は、どこかの芸術家の言葉を借りなくても、爆発的で、繊細で、美しい。

150921-c-3.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1712-eb23ae9e
    この記事へのトラックバック


    最新記事