彼らの声を聴くための本

2015年08月23日 18:19

『a+u kimbell art museum drawing collection』を観る。

150823-1.jpg

本屋で見つけ、一度は躊躇したが、結局数日後購入した。東京では品切れになっているといううわさも聞いたが、a+uを購入したのは、数年ぶりである。キンベルは、今まで出会った公共建築のなかでは最高の感動を得た建築のひとつである。故に、そのディテールを知りたい・・・というよりは、その建築の為に、カーンやその周辺の建築家は何を考え、何に苦闘し、或いは何に妥協したのか、そんなことを知りたかった。
読んでいて思ったのは、単純に、図面がしっかりしているということである。私はこの図面を見ながら、自分が作図する図面のグレードを出来るだけ上げようと思い、作図に向かっている。


『[建築知識版]最高の木材ムク板見本』を嗅ぐ。

150823-3.jpg

京都の本屋で見つけ、南洋堂から取り寄せた本・・・というか、木のサンプル。いつかYくんの家に木のサンプルがあり、ほしくなっていたが、結構身近に売っていた。値段はそれなりだったが、仕事にも使えるので、重宝しそうである。何より、匂いと手触りが良い。建築には色々な匂いがあるが、私はこの匂いが好きである。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1700-24834ad6
    この記事へのトラックバック


    最新記事