夏休みの想い出

2015年08月16日 21:50

夏休みが終わる。いつも同じことを思うのは、夏がだんだん過ぎていくということ。名古屋の鉄筋コンクリート造の寮の4階では、既に涼しい風が吹いてきている。
いつもとちょっと異なるのは、夏休みが明けることが、ちょっと楽しみであるということ。社寺案件が受注できるか、これからが勝負である。夏休みの前半は、図面描きに費やした。仕事のスケジュール上の問題でもあるが、自然と気持ちが入っていた。カーンや白井晟一の手描き図面を眺めながら、私には、彼らの仕事の一握りの感動でも生むことができるのかと考えていた。

エアコンを使わない生活をしていたが、連休半ば、挫折した。熱中症っぽくなったのである。そんなに、頑固に空調空間に反論しているわけではなく、今年はなんだかんだ過ごしただけなのだが、2日間だけ、クーラーを効かせた。それ以外の日は、結局日中は喫茶店に逃げることが多く、名古屋の喫茶店らしく、多くの御家族がリビングの延長として使っておられ、他人の家の家族模様を、覗かせてもらうような、そんな感覚だった。

そんなことで、連休後半のみ備忘録

8/12(水)
朝名古屋でゆっくりしてから、昼京都へ。雑貨屋グランピエと寺町通りの骨董屋、老舗本屋大龍堂を巡る。大龍堂では、亭主さんと長々とおしゃべりし、大阪の工務店の手描き図面を購入。白井晟一の図面もあったため見させてもらった。何というか、値段ではなく、まだ手に入れるには早いかなと思えた。昼はカレーを食べ、それから東山を散歩し、四条河原町へバスで移動し、川沿いの中華料理を食す。それからバスに乗り、千本町へ移動し、銭湯で汗を流してから、マックで時間を潰し、京都の職人さんのアパートへ。寮泊。

150816-1.jpg

8/13(木)
朝から鳥取を目指す。念願の三仏寺投入堂参拝の日だったのだが、あいにくの雨。入山出来るか気にしながら、最寄駅の倉吉に着くが、大雨にて入山禁止となった。意気消沈だったが、せっかくの時間を有効に使うべく、鳥取駅に惹き返し、鳥取散策。昼海の幸を頂いた後、観音堂と興禅寺を訪れる。夕飯は駅近くの居酒屋で地元料理を頂き、夕方の鳥取砂丘へ。人がまばらで、雨が降り、日が沈みゆく砂丘は、ダリの絵画のようで、あまりにも非現実的な光景だった。その後、タクシーにて何とか民宿までたどり着き、久々のテレビを見たりしながら、熟睡。

8/14(金)
明け方雨が降ったが、8時には晴れ間が差し、入山が可能となった。山登り用の軽装となり、お守りをかけ、いざ出陣。登山は、思った以上に急で、木の根を握り、足をかけながら登った。途中に、空に張り出したお堂があったりして、休憩しながらゆっくり登った。一時間程で、投入堂に到着。大きな神棚のようであった。初めて出会った時の感動はさほどなかったが、別れようとしてもなかなか別れられず、後ろ髪を惹かれる思いがした。建築には色々な感動がある。この建築は、写真で見るよりよっぽど華奢で、でも、とっても温かみがあると思った。
それから、バスと特急、新幹線を乗り継ぎ、鳥取の山奥から大都会東京へ。そして、かつての通勤列車にて実家へ帰る。

8/15(土)
8時過ぎ起床にて、東京へ。まずは神田のまつやさんでそばを食す。いつか情熱大陸で見た、老舗蕎麦屋。11時開店と同時に席はうまった。もりを頼んだが、一口目はなかなか違いがわからず、だだ、噛んでいくと、最後までこしがある。このそばと比較すると、これまで食べた物は、何というか、より水分の塊に近かったような気もする。まだまだわからないが、気持ちが乗れば、いつか自分で麺を打ってみたい。
それから渋谷へ。松濤美術館と、ギャラリートムへ。白井晟一の建築の世界観と、内藤さんの建築の想いを感じながら、時間を過ごした。
少し休憩してから、神宮の雑貨屋グランピエへ。京都店へ行ったが、青山にもあると知り伺った。そこで、蓮の花の形をしたインドの仏具を購入。それなりの値段ではあったが、満足な一品だった。
夜は、弟の誕生日のため宴会。いつもながら、食べきれない程の料理と飲み物、デザートだった。
初めて、姪っ子とじゃれあった。これまで緊張気味だったが、一緒に遊んだことは、彼女のひと夏の想いでとし、どこかに記憶されるのだろうか・・・。
150816-2.jpg

8/16(日)
8時半起床。朝食を済ませ、風の小屋へ。もはや、お墓参りというか、墓の掃除の感覚。窓を開け、風を通し、床を掃き、しばし佇む。ところどころで軋みが出ている。この変化は、しっかり自分のなかでとどめたい。これから建築を考える上で、とても重要なはずである。
昼食を済ませたら、電車を乗り継ぎ名古屋へ。とても久々のように思える。
今は荷物の整理を済ませ、記録の整理をしている。

150816-3.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1690-0768e3d1
    この記事へのトラックバック


    最新記事