186_広隆寺(京都市右京区)

2015年08月04日 22:01

京都市右京区太秦にある寺。宗派は真言宗系単立。山号を蜂岡山と称する。蜂岡寺(はちおかでら)、秦公寺(はたのきみでら)。太秦寺などの別称があり、地名を冠して太秦広隆寺とも呼ばれる。帰化人系の氏族である秦氏の氏寺であり、平安京遷都以前から存在した、京都最古の寺院である。国宝の弥勒菩薩半跏像を蔵することで知られ、聖徳太子信仰の寺でもある。毎年10月12日に行われる牛祭は、京都三大奇祭として知られるが、近年は不定期開催となっている。
(wikipediaより)

弥勒菩薩半跏像を見る為に、京都の職人さんに連れてきてもらったのだが、驚嘆だった。職人さんが「この仏様なら、何とか一緒に暮らせるかも」と言っていたが、優しい、本当に優しい、弥勒菩薩だった。

150804-5.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1685-81b2210e
    この記事へのトラックバック


    最新記事