178_橋杭岩(和歌山県東牟婁郡)

2015年07月25日 19:25

和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。同町の大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っている。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができる。
(wikipediaより)

京都の職人さんの要望で寄った。海岸沿いの、反り立った岩群。しかし、それよりも美しかったのは、弁天島内の神社である。何年も、もしかしたら誰に足を踏み入れていないのではないかと思わせるような、神秘的な神社だった。まるでトトロに出てくる木のトンネルのような参道を歩くのだが、これを見た時、トトロに会えるのは純粋な心を持っているかではなく、服が汚れても、虫に刺されても、ふとした美しい場所にそそられ、足を踏み入れることができるかどうかではないかと、なんとなく思った。

150725-2.jpg

150725-3.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1677-ad3295c3
    この記事へのトラックバック


    最新記事