静かな気づき

2015年07月03日 20:48

静かな日々を送っている。大型案件が終わり、今は小さな現場の監理と、企画設計。企画設計については、風の流れを考慮した屋根の検討をしており、それはそれでなかなか面白い。実際には実現しなさそうではあるが、そこに何かしらの可能性があるなら、精力を注ぐ意味がある。

雑誌に載るような、所謂「デザイン案件」は私は担当したくはない。ひとつには、その「デザイン」というものが、如何にも建築畑の狭義なものであることもあるが、別の理由としては、周囲から色々言われ、その処理だけで一杯一杯になるからである。もちろん、優秀な設計者はそれを乗り越えるだろうが、私にはまだそのキャパシティがない。だが、自分以外の誰かが、そういった案件の担当者に選ばれると、全くジェラシーを感じないかといえばそうではなく、それなりに、嫉妬心はある。

しかし最近、それが徐々に変わってきた。作品として目立つことを、本能的に好まなくなってきた。以前からそうであったつもりだが、いざ設計にあたると、やはり、出来るだけ綺麗なデザインを、誰かがまだやったことがないような設計をしてみたいと、稚拙な欲望がふと顔を出すのであったが、今は、静かに、変わってきた。

自分がやってみたいこと、それは当然のように、私が考えるには素晴らしいと思えることを、誰かが既に設計し、建てられていると、それを幸福に思う。今、私が考えたことが、これまで誰も実施したことではなく、むしろ、これまで何年も、多くの人に触れられてきたものであることの方が、より一層、凄さを感じる。

そして、それは当然のように、私の所有物ではない。そもそも、建築物は設計者の所有物ではないが、どうしても自分が設計すると、そのように勘違いしてしまうのである。しかし、やはり所有物ではなく、限りになく自分の所有物ではないことに、歓びを感じる。

多くの人が触れ、交わり、流れていく中で、その物は透明となり、風化するであろう。朽ちるのではない。風と化すのだ。

これは、そもそも風のイエの概念である。

私はまたひとつ、風のイエについて学び、風のイエに近づいた。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1669-9ba977c8
    この記事へのトラックバック


    最新記事