幸福な時間をありがとう

2015年06月18日 20:39

休日出勤が続き、コンペが不調続きだったこともあり、代休をとり、大須骨董市へ行った。小雨だったが、店はしっかり出ており、逆に人が少なめだったため、とてもしっかり見ることができた。

150618-1.jpg

戦利品は、瀬戸の片口、鳥の香炉、亀の印鑑入れ、ウミガメの剥製。全部で5000円弱。休憩に入った喫茶店で、「いいものないわ」というおじさんの発言を聞いたりしたが、「本物」かどうかは別として、というか、その歴史的価値は無視しても、私にとってはとてもよい買い物で、興奮した。

どれも用途があるが、ウミガメだけは純粋な置物。昔から、ウミガメが好きだった。海のなかを泳いでいながら、まるで空を飛んでいるかのようで、そのフォルムの美しさにも惹かれた。しかし、部屋のなかで目が合うと、ちょっとぎょっとする。

こんなに思いきって買ったのも、そしてその喜びに浸れるのも、あの存在があるからであることは、忘れていはいけない。今日一日でもっとも幸福な時間が、吹き抜けのある喫茶店で小説を読んでいた時間であることさえも・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1660-665e0c30
    この記事へのトラックバック


    最新記事