スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生時代より

2015年05月02日 20:18

今日、石山寺多宝塔の模型を作りながら、丸山先生のコーリン・ロウに関する言説を聴いていた。ある時期、何回も何回も聴いていた論考である。

今は、あまり難しいことは考えない。頭が鈍くなり、考えられなくなっているのかもしれないが、改めて聞くと、単純な感想を抱いた。

建築家は、建築を信じ、人間を信じるのだ。

ただそれだけ。

どことなく、Yくんからのコメント読みながら思うことは、私は良い学生時代を過ごしたということである。それは、人間として生きる希望を見つけ、そのための教えを乞うための師がいて、思考を受け止める友がいて、そして何より、一時ですらあの時代に戻りたいとは思わないからである。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1634-52d339c2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。