146_横蔵寺(岐阜県揖斐郡)

2015年04月30日 09:54

803年(延暦22)に伝教大師最澄が創建したと伝えられる寺。22体の国の重要文化財が安置され、多くの絵画、書籍を蔵していることから"美濃の正倉院"と呼ばれている。中でも200年前に即身成仏したという妙心法師の舎利仏は有名。秋になると周囲の山々や境内に植えられた木々が美しく色づき、紅葉の名所となる。

圧巻の美しさを誇る。このような美しさはどのように創ったらよいのだろうか。木々から漏れる光と、それを映す石畳。陰影に映える苔。空に向かって起立する塔。華厳寺同様、建築に使われる木材に艶がない。これは種類に寄るのだろうか。紅葉の時期は、また素晴らしいのだろうが、そうでない、あまり人のいない時期だからこそ、この静寂さを感じるのだ。

150430-5.jpg

150430-6.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1621-4396db8e
    この記事へのトラックバック


    最新記事