スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140_頂法寺(六角堂)(京都市中京区)

2015年04月12日 18:07

京都市中京区にある天台宗系単立の仏教寺院。山号は紫雲山。本尊は如意輪観音(秘仏)。西国三十三所第十八番札所。正式の寺号は頂法寺(山号を冠して紫雲山頂法寺)であるが、本堂が平面六角形であることから、一般には「六角堂」の通称で知られる。華道、池坊の発祥の地としても知られる。
(wikipediaより)

ガイドブックに載っていたため、何となく来訪。六角形の屋根を二重に重ねた複雑な形状で、どことなくさざえ堂を思わせる。入り組んだ空間も、仏教建築の特質のひとつ。生け花発祥の地らしく、生け花の展覧会のようなものが行われていた。

150412-2.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1610-ad7017f7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。