スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

134_豊川稲荷(愛知県豊川市)

2015年03月08日 19:11

愛知県豊川市にある曹洞宗の寺院。正式の寺号は妙厳寺。詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」と称する寺院である。境内に祀られる鎮守の稲荷(吒枳尼天)が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られる。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立っている。また、日本三大稲荷の1つとされる。北海道・東京都・神奈川県・大阪府・福岡県に、別院を持つほか、修行道場として僧堂を設置している。豊川高等学校を運営。
(wikipediaより)

定例へ行く際、豊川稲荷行きに毎週乗っているが、豊川稲荷そのものは初めて訪れた。名古屋から東へ1時間。愛知県のなかでも静岡に近い。そのためか、境内は方言が飛び交い、地方色が濃かった。初詣などでは、きっと大勢の人で賑わうのだろうと、何か、多くの人を惹きつけるような、そんな磁力を感じた。
境内にある三重塔は、凛としていながらも小柄で愛らしく、建築と模型の中間のように思えた。住宅や公共建築ではそのようなことは起きようがないが、社寺建築は神様や霊が住む場所。それゆえ、現実的なスケールとは別の所に、本質がある。

150308-1.jpg

150308-2.jpg

150308-3.jpg

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1596-fde20290
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。