スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春へ

2015年03月07日 21:25

表千家へ入門しようか迷っている。今日初めて知ったのだが、茶道は、学ぶ時に契約を結ぶ。何か能力を得た時に称号が得られるのではなく、何かを得ようと決心した時に、契約を結ぶ。とても、私にとっては心地よい考え方である。

茶道の先生は、褒めるのが上手である。私は茶道に向いているのだそうだ。その理由のひとつは、まったく動揺が感じられないから、だそうである。たしかに私は、自分の感情が表面に出ない。原因はよくわからないが、幼い頃より、自分の感情と、それを外部から受けるとる人々のリアクションが一致せず、いつからか、表情を変えないよう意識してきたのではないかと思っている。しかし、それは同時に、出来るだけ心を乱さず、あらゆる物事に対して一定の感覚で接したいという気持ちがある。それゆえか、それが仕事では上手くはたらくことはあるが、プライベートでは、多くの場合逆効果であった。

今日、茶道のお稽古から帰った足で、スポーツジムへ行った。ジムはこの3月で辞める。故に、残り少ない回数をしっかりこなすことを心がけている。4月以降は、ランニングと室内での筋トレ程度になるが、3月末の身体をしっかり記憶し、今後の運動に役立てる為である。

茶道とジムは、運動としては異質なものであろう。以前、西岡常一棟梁が言っていたが、木を削る時、電動カッター(だったかな)で削ると、木の繊維を切るようで、良くないのだそうだ。ウェイトトレーニングは、ややそれに似ているように思う。ウェイトトレーニングそのものは、気持ちがよいと思ったことがない。一年間のトレーニングで筋肉隆々にならなかったことを思うと、単に私の体質には向いていないということであろう。

段々と、薄着になってきた。気温が上がり、朝も明るい。突然寒くなったりするので、体調を崩しがちであるが、しっかりしっかりと、物事に対し考え、我慢をしながら、歩いていこう。

深夜、眠りから覚めると携帯を見る。そこにあるメールが、今は歓びである。

春が近付いていると、そう感じる。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1595-334af3dc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。