年末

2014年12月30日 12:37

12月26日(金)

代休を取り、まず区役所へ。書類を受け取る。その後、その足で中古自動車屋へ。シトロエン2CVについて、店員さんと相談。一目見て、惚れ惚れする。そして、これが以前ドイツで見たシトロエンと同様仕様であることに、なおさら喚起される。自転車をこぎ、中島工務店の長久手スタジオへ。想像以上に美しい空間で魅了される。案内して頂いた方も、とても良い方であり、やはり魅力を感じる。
昼食をそばのファミレスで取りながら、休日とはいえ結局仕事の電話。本を読み少し休んだら、自転車でレンタルビデオ屋に寄り、寮へ。寮室は清掃中のため、近くの喫茶店で本を読み時間を潰す。
夜は本を読んだり、ブログの整理をしたりしながら、小津安二郎による『東京物語』を観る。

12月27日(土)

午前中、本屋にてシトロエンの本を購入。そのまま名古屋へ東京の女性を出迎えに。その後、ホテルのレストランで食事をし、午後を過ごす。夕方は、喫茶店を梯子し、別れる。家で『東京物語』を観終える。

12月28日(日)

早朝、新幹線で滋賀・京都へ。お寺を方々廻る。午前中、名古屋の女性からメールの返信を貰う。
夕方、京都の女性と待ち合わせをする。夕方18時から翌朝6時まで、4軒はしごし飲み続ける。

12月29日(月)

6時半頃ホテルに着き、8時半には起き朝食を食す。重い身体を引きずりながら滋賀県へ。方々お寺を廻る。
夕方、電車にて名古屋に戻る。疲れにて21時就寝。

スポンサーサイト


コメント

  1. 木場潟湖畔のアトリエから | URL | OczajNqA

    シトロエン

    コメントありがとうございます。
    返事が遅くなりました。
    2CV。いい車です。
    でも数年前、交換部品がどうしても見つからず、やむなく手放しました。
    冬の吹雪の中、車の中でコートを着込んで石川県小松から京都へドライブに。
    ビュービュー音が鳴り、会話もままならぬドライブでした。
    いい思い出をいっぱい作ってくれた車です。

    石塔寺は数年前に白洲正子の「かくれ里」を携えて近江を旅した時に訪れたところです。
    心に残る寺です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1532-81d7d9ce
この記事へのトラックバック


最新記事