スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

86_真如堂(京都市左京区)

2014年11月24日 11:25

京都市左京区にある天台宗の寺院で通称・真如堂と呼ばれる。山号は鈴聲山。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は戒算である。

赤いもみじに映える黒々とした塔は、とても美しかった。なぜ紅葉がこれほど美しいかは、日本の建築がそもそも陰鬱なものだからかもしれない。永い年月のなかで風化した寺院と紅葉は、とても美しいコントラストを描く。
本堂のなかでは、畳敷きにて皆座っていた。私もそれに倣い正座すると、とても清々しい気持ちになった。椅子座と床座を考えると、椅子座の方が即座に行動が可能なため合理的であるが、逆に床座は目の前の何かにひれ伏しており、既に「負けている」ため、とても心地よく感じる。

141123-4.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1493-1a02a45c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。