風に揺られながら

2014年10月25日 21:31

どうしようもなく小さいことに、いちいち落ち込む性格である。現場に迷惑をかけると、工事長は御立腹ではないかと不安になり、飲み会の席でちょっとした失敗があると、次の日でも悩んでいる。成功したことはあまり覚えていないが、失敗したことは後を引く。以前、久しぶりに会った従妹と喧嘩別れし、その後ずっと落ち込んでいたが、数ヵ月後彼に会った時は、喧嘩したことなど忘れていた。

元々、何か他人を喜ばせることができない人間の為、せめて迷惑をかけずに生きていきたいという考えが、小さい頃から私にはある。本当に、面倒くさい人間だとつくづく感じる。

それでも、いやそうだからこそ、何か人に喜んでもらえていると思えるときは、とても幸せな気持ちになる。先日、定例と現場打ち合わせを済ませ、現場を去る時「ではお先に失礼します」と言うと、皆が「お疲れー!」と返してくれた。今の現場は大型赤字案件で、なかなか厳しい現場であり、もうすぐ定年退職する上司の後を私が引き継ぐ形になっているのだが、工場設計が初めてであったことと、異動したばかりで勝手がわからなかったことが重なり、当初ミスを連発させていた。工事長が毎週のように激怒していたが、最近は穏やかである。ミスが全くなくなったわけではないのだが、働き方を調整した。今の現場はしっかり物を考えて頂ける方々なので、設計の思想を共有していれば、現場側でもチェックが働く。つまり、現場と意志共有できるような指示の出し方に変えたのである。それが今のところ上手くいっている。

昨日、設計と総務の方々と夜まで飲んだのだが、私のカラオケ「夢のなかへ」はなかなか好評でほっとした。その前のボーリングの成績は散々だったが、少しでもほっとしてもらえると嬉しい。ボーリングもカラオケも、上手出なければならないものではないが、それでもやはりほっとするのである。

何でもできるわけではない。失敗やミスが完全になくなることもない。だからこそ、日々丁寧に丁寧に、まじめに生きていきたいと思う。どのように生きればよいかは、風に揺られながらなんとなく決めればよい。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1475-eb0f81fb
    この記事へのトラックバック


    最新記事