スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母の手紙

2014年09月13日 20:13

先日、私宛に一通の手紙が届いた。震える文字で書かれたその手紙は、私の祖母からだった。先日、父が帰省した際に私にお小遣いを渡してくれたので、そのお礼を葉書で送ったのであるが、その返事だった。

祖母は、私の葉書を何度も読み返したそうだ。とても嬉しかったらしい。考えてみると、私単独で祖母に手紙を送ったのも、受け取ったのも初めてかもしれない。

88歳の祖母は、何としても100歳まで生きるのだと明言していた。私が結婚した姿や、奥さんや孫の姿を見たいらしい。そこに書かれた文章は、あたかもこれからフルマラソンを走りきろうかと意気込み、鼻息が荒いマラソンランナーのようだった。

生きるとは何か。それを、否応なく私は考えて来た。ただ、祖母の手紙を読んでいると、ただただ生きるということに夢中になっているようで、生きることの意味など、考えている暇などないようであった。私はこの手紙を読み、身体のどこかが熱くなっていた。

人は皆、行き先のわからない、ゴールもわからないマラソンランナーである。

私だって、日々しっかり走っている。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1447-015d9778
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。