スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由という表徴

2014年08月30日 17:41

幼い頃、鴨に憧れた。犬にも憧れたことがあったため、人間以外の動物に憧れる習性がどこかあるようだが、断然鴨に対する憧れは強かった。理由は簡単で、水面に浮かび、陸を歩き、空を飛べるからである。人間は水と陸は何とか頑張れても、空は飛べない。鴨は、3つの世界を行き来し、自由であると思っていた。

今、飛行艇が好きである。これは、完全に紅の豚への憧れからであって、飛行艇そのものではない。でも、紅の豚に登場する、いわば宮崎駿が描いた飛行艇だけではなく、実在した飛行艇にも興味がある。実は、以前から小型飛行機は好きであったが、飛行艇だと、よりユーモラスで想像力を掻き立てる。

フィオの言葉。「私ね、小さい時から飛行艇乗りの話を聞いて育ってきたの。飛行艇乗りの連中程、気持ちのいい男たちはいないって、おじいちゃんいつも言ってたわ。それは、海と空の両方が奴らの心を洗うからだって。だから飛行艇乗りは船乗りよりも勇敢で、丘の飛行機乗りより誇り高いんだって」

コレクターではないが、今までサボイアS21とカーチスR3c-0は模型で作り、ダボハゼ号は購入した。それぞれスケールは異なるが、並べてみると、海を泳ぐようでも、空を飛んでいるようにも思え、どこか自由を感じる。

部屋に置くような小物は以前から好きで、雑貨なども好きであるが、やはりそこに時代性がないものは、いずれ飽きてしまう。時代性があれば、それに触れる「意味」を感じることができる。

140830-5.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1441-3ca3a8c3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。