スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のモノ

2014年08月16日 09:51

『BRURUS 松浦弥太郎の「男の一流品カタログ」』

140816.jpg

旅行の暇つぶしと思い購入し、出雲、雲州平田の国道沿いのファミレスJOYFULLにて読了した。いかにもBRUTUSらしい特集。

空虚はファミレスで、空虚な人々と共に、私はこの本を読みながら考えていた。私は永遠に残るものを欲するのだなと・・・

松浦さんがセレクトした一級品を見ながら、私のなかで惹かれるものとそうでないものがあった。その線引きは簡単で、私は永遠に残るものを欲する、ということ。どうもその都度消費されてしまうものや、消費エネルギーがかかるものには想いがのらない。

これはきっと、今現在独り者だということも関係しているだろうけど、そもそもは、元々独り者であることが起因しているのではないかと感じた。私は人とではなく、モノと幼少期を過ごした。だから、そのモノ自体が、私にとって永遠であることを望んだ。しかし、一人であることの恐怖感は、きっと小さい頃からあったに違いない。私の目の前にあるモノが永遠であれば、永遠であるのであれば、それはいつか誰かにも受け入れられるだろう。そうすれば、いつか私は誰かと結ばれることができる。そんなことを思ったのではないか。

最近、車に少し惹かれる。名古屋で誰かと乗りたいと思ったことがきっかけかもしれないが、今は、動かず、いつかの時代のロマンを凝縮したような、そんな廃墟のようで美しい車に惹かれたりする。

スポンサーサイト


コメント

  1. 綾部 | URL | 27Yb112I

    すぐにいい返事をもらうことができました!

    嘘と思われるかもしれないですけど、どうしてもいいたくなりました。
    お金がないから、夢をあきらめてアルバイトで生計をたてていました。
    私はここで人生がかわりました。
    お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
    不労所得が簡単にできるんです。
    本当に知りたい人だけに教えます。
    知りたい方はemi_himitu@yahoo.co.jpまでメールください。
    メールもらえたらすぐに返事出しますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1430-f256e021
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。