スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

47_東福寺光明院(京都)

2014年08月12日 21:58

1938年昭和の作庭家第一人者の重森三玲によって作庭された。方丈を四方に囲む庭は、「八相成道(釈迦の生涯で起きた8つの重要な出来事)」を表現し、八相の庭と命名されている。

重森三玲の傑作らしいが、写真で見ていた通り、具象的というか直接的な表現がどうも好きになれなかった。好き、嫌いというよりは、要は「無」に近づけない。私にとっての庭の理想は、私にある煩悩を相対化し、無に近づけることにある。そういう意味では、近代と庭の融合を図った重森の作品は、少し遠いものと感じた。

140812-c-1.jpg

140812-c-2.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1414-2f7e512e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。