スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43_政秀寺(愛知県名古屋市中区)

2014年07月26日 21:54

臨済宗妙心寺派の寺院、瑞雲山と号す。天文22年(1553)、織田信長が、自分の素行不良をなげいて諌死した平手政秀の菩堤を弔うため、小牧山の南、政秀の領地小木村に創建し、沢彦和尚を開山とした。寺は天正12年(1584)、小牧・長久手の戦いで焼失。その翌年清須に再興され、慶長15年(1610)清須越で現在地に移設された。本尊は木造十一面観世音菩薩坐像である。政秀の墓はかつて本寺にあったが、今は名古屋市の平和公園内政秀寺墓地に移されている。

美しい禅宗のお寺。本堂自体はさほど感動しないが、庭が美しい。石庭の庭で、都心のなかで心の移ろいを感じることができる。大通りに面していきなり庭のため、演出が劇的ではないが、それでも「都市の空白」は、少なからず形成されていた。

140726-b-8.jpg

140726-b-9.jpg

140726-b-10.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1404-95942641
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。