スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35_万松寺(愛知県名古屋市中区大須)

2014年07月13日 15:18

万松寺は470年以上の歴史を持つ曹洞宗の寺院。天文九年(1540年)尾張一円を領していた古渡城主、織田備後守信秀公(織田信長の父)が、織田家の菩提寺として開基した。御本尊は十一面観世音菩薩。曹洞宗、大本山総持寺の末寺。
開山は信秀公の伯父の大雲永瑞大和尚。正式の寺号は亀嶽林(山)萬松寺。

名古屋のアメ横大須商店街のなかに建つ。鉄筋コンクリートの5階建てのお寺。縦に重なったお寺は、『千と千尋』に出てくる湯屋のようであり、これはこれで趣深かった。この方が、RCらしくて、個人的には好きである。

140713-1.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1384-41d2f42b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。