スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想としての、美しき物語

2014年05月13日 16:12

人の気持ちとは、こんなに変わるものなのだろうか。この一ヶ月、風景の認識は、日に日に変化した。

26日後。

そんな日が、本当に在るのだろうか・・

世界が、これほど目まぐるしく変わるのは、その時見えた風景が私には目新しく、その先にある物語が、それこそ、幻想のように美しく思えるからである。

その物語は、いつになったら私のものとなるのだろうか。私と同化するのだろうか。

この世界は紙芝居のように、見えない多層のレイヤーを孕んでいる。静かに、底深く・・

今日は晴天だ。もう少しで外気温三十度。夏日である。

とある会社の打ち合わせスペースには、四角い窓があり、ブラインド越しの空は、何食わぬ顔をし、大きく、澄んでいる。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1343-c796f9b0
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。