22_松尾大社本殿(京都府京都市西京区)

2014年05月02日 22:21

松尾山の山裾の古社。山水に生活を左右された古代の人々が水を神格化したものが始まりと考えられるが、室町時代の頃から酒造の神としても信仰されるようになった。

建築形態そのものは、特記すべきことはなかった。逆に、ぽっかり空いた中庭空間と、桂川との一体的な造園計画が美しかった。

140502-5.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1337-88e985ca
    この記事へのトラックバック


    最新記事