スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風のイエと、コルビュジエさんの住まい

2014年04月13日 21:39

この寮に暮らして、2週間が経った。約20年前に建てられたというこの建物は、明らかに当時の建築界の流行に倣っており、歪曲しながら登る吹き抜けの大階段や、アール形状の屋根の吹き抜け共用スペース、ビリヤード等が置いてあるプレイルームに、当初は麻雀ルームまであったらしい。

鉄筋コンクリート造4階建ての4階に住む私の部屋からは、地方都市の静かな夜景が見える。しばらく東京に住んでいた反動か、田舎育ちの私にとっては、心地よい風景に変わりつつある。

風のイエの主階も上階にあるが、やはりその方が風を受けやすいように思う。プライバシーも程良く確保できるため、窓もあけっぱなしである。

今日感じたちょっとした違和感は、あまり掃除をする必要がないということ。それほど部屋にいないという事もあるが、何より埃がない。地上面より10m程上空にあるため、埃が入ってこないのであろう。掃除機をかけたが、床拭きをする必要はない。湯島の部屋とは、大きく異なる。

この部屋は、明らかに風のイエとは異なるが、それでも、ここに住むことに快楽を感じている。共用スペースも、最近寮民はあまり活用しないとのことで、逆に私は悠々と使っている。朝ごはんもおいしい。

何となく、コルビュジエの都市計画を想った。コンクリートにより、建築の造形は自由となり、人間は地上の排気ガスから逃れ、上空へ住む。超高層の住まいにすることにより、都市内の建築面積は劇的に減り、大方の面積は緑地帯となる。

今をもってしても未来的で、誰もが非人間的と揶揄しそうなそのビジョンは、それでも、全く間違っていたわけではないのではないかと、地方都市の夜景を眺めながら、私は思った。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1315-f8de6a15
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。