スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07_青衾神社(愛知県名古屋市熱田区)

2014年04月13日 21:01

鎌倉時代末期までには、熱田神宮の摂社として祀られていた。江戸時代には日神を祀つた東六社の青衾社、月神を祀つた西六社の白衾社があった。両社とも読みは「アオブスマ」であった。西六社の白衾社が当社である。東六社の青会社は明治に入つて廃せられた。昔は、現在地よりも更に北西に鎭座されていたという。

熱田神宮そばで見つけた神社。由来も何も知らなかったが、何気なく住宅街にあり、何もない場所を形成していた。熱田神宮のように壮大な神社も美しいが、このように小さな形式にも、社寺の効用はあると思う。

140413-7.jpg
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1311-d03f6dfe
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。