スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる

2014年03月23日 19:45

30歳を迎える事は、やはり、私にとってはそこそこ大きな節目のように感じている。このタイミングで、今まで育った環境から離れることも、そう感じさせる要因ではないかと思われる。

今日、メダカを新しい鉢へ移し変える時、彼らの身体を見ると、とても健康そうであった。なぜそのように感じられたかというと、これまで健康ではないメダカを、何匹も見て来たからである。

私が今まで購入したメダカは計10匹。そのうち、最初の6匹は死んだ。最短で一週間で死んでしまったものもいる。今生きている4匹は、購入してから3カ月程度経っても、生き生きしている。

今から考えると、水質が良くなかったことが大きな要因だと考えられるが、死んでしまったメダカを見ると、とても悲しくなるものである。しかし、その出来事がなければ、私は彼らが健康であるかどうかも知りえなかった。

生きるという事を、最近考える。これまでとやや異なるのは、そこに「大人」という要素が入っていることである。その言葉自体嫌いであったが、否応なく、この社会で生きている上では、そのような要素を排除することができない。そして、今は排除することに「カッコよさ」を感じていない。

どうせボーっとしていたら、ひとりで時間が経っていくことを経験するだけだ。ならば、失敗してもどうせ死なないのだから、しっかり意志を表明してみようかとも思うのである。

まずは、素直に、相手を見る事が重要である。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1300-b4cd4a09
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。