スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の本

2014年03月09日 19:23

ワクワクする本を読んだ

『よいお寺を建てるには』著:天野正樹

140309-1.jpg

たまたま見つけて借りた本。社寺を建てる施主のために書かれているため、わかりやすいうえ、我々建設側の立場が客観的に知ることができ、面白かった。

何となく流し読みする本もあるのだが、社寺に関しては実際に仕事に繋がるよう、わからない社寺用語もひとつひとつ調べて読んだ。わからない言葉が(当たり前だが)たくさんある。

単にそうした勉強そのものが、楽しい。仕事について学ぶことが楽しいということは、そこに希望があるということである。とても嬉しいことである。

社寺建築に携わりたい理由は色々あるが、「歴史に触れられる」ということが、私にとっては重要なのかもしれない。社寺は現在建設されるわけだが、その形態ははるか昔からの歴史の上にあり、そして、未来のためにある。

過去がどうであり、未来がどうなるか。そんなことは誰も知らない。何より「希望がある」ということが、本当に重要なことである。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1288-6b036f56
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。