スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「待つ」ということ

2014年01月26日 22:18

重要な本を読む。

『形態デザイン講義』著:内藤廣

140126-2.jpg

一連の東大退官講義の形態編。なかなか読む気が起きない本でもあったが、結局購入し読了した。なかなか、言葉では言い表しにくい本というか、ある意味、内藤廣さんという方は、これほどまでの野心家だとは思っていなかった。野心家というのは、スターアーキテクトであるとかそういうことではなく、建築に対する確固たる姿勢があるということである。

普段は、重要な言葉はメモに残し、場合によってはブログに記すのだが、そのような衝動が起きないというか、全てがある一貫して重要な事を静かに語っているように思え、そのようなことはしなかった。

しかし、とても驚いたのは、彼が「待つ」というキーワードを使っていることだった。「待つ建築」。なぜ驚いたかというと、私は内藤さんの言葉を聞く前に、「時を待つ建築」という考えを、ブログに記しているからである。もちろん、内藤さんの本を環境編、構造編と読んできているわけで、彼の影響を受けてのことだろうが、しかしこれほどまで一致すると、正直驚く。

私が「時を待つ」という言葉を思い立ったのは、新宿御苑で見た美しい建築の佇まいによる。簡素で、素材の合理性をそのまま形態化したような建築だったが、私を待っていたように感じた。内藤さんはアスプルンドを引き合いに出していたが、私は彼の建築は、私の環境よりもっと純化した白の美しい世界のように思われ、私を待っていたようには感じられなかった。しかし、この新宿御苑の建物を見たときに、まず浮かんだのはアスプルンドだったが・・・。

140126-3.jpg

風のイエも、いつからか変化している。おもなプランは変わらないが、意味が徐々に変化している。木が、年月を経つごとに色を深めるように。

そうか、風のイエはもう建っているのか・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1271-031a5f08
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。