スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空と半屋外空間

2014年01月26日 22:04

最近、業務のなかで、いくつか思う事があったので記す。

屋上のソーラーパネルを設置する施設を計画しているのだが、営業設計ということもあり、メンテなどは考慮せず、屋上一面のソーラーパネルのCGを作製した。外注なのだが、その際、私はソーラーパネルに空が映り込むよう指示した。私は空が好きである。原広司の建築にあこがれる要因のひとつは「空」かもしれない。

また、外装はファインフロアなのだが、事例を調べると、ファインフロアで囲われた空間は、光が透過する半屋外空間で、とても心地よさそう。小住宅設計等には、とても有効な手段に思われる。

でも、今ブログを書いているこのテーブルは木で出来ているため、冬でも温かみがある。それはやはり、素晴らしいことだと思う。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1270-7fdfdb9e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。