スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年12月29日 20:18

まだこのテーブルに触れてから半日も経っていないが、今とても幸福感に満ちている。とても美しい。天板の上に置かれたコップやカメラ、本などが、それぞれ価値あるものように思える。佇まいを引き立てている。

また、顔をうずめていたくなる。触れているだけで、気持ちがよい。また、木は熱伝導率が低く、冬でも温かみがある。においをかぐと、家具屋でかぐ北欧家具のにおいがするが、それ以上に懐かしい匂い。そう、学校の机である。今から考えれば、あれば木の天板であった。大学以降はプラスチック性がほとんどだったため、本当に久々に感じた。

木という素材の素晴らしさを、今堪能している。私はこれから、木を信仰の対象としていくことを、少し考えたりしている。自分の人生をかけるには、充分過ぎるテーマであるだろうし・・・

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porcorossolecorb.blog10.fc2.com/tb.php/1257-1c106896
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。