スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

270_寂光院(京都市左京区大原)

2017年07月02日 20:21

京都市左京区大原にある天台宗の寺院。山号を清香山と称する。寺号は玉泉寺。本尊は地蔵菩薩、開基(創立者)は聖徳太子と伝える。平清盛の娘・建礼門院が、平家滅亡後隠棲した所であり、『平家物語』ゆかりの寺として知られる。(wikipediaより)

本堂が、蔀戸の構成など優美だと思っていたら、数年前に全焼し、再建されていた。再建でも、これだけ美しい風格が出せるのかと思うと、とても清々しい気持ちになった。本堂脇に咲いていたのは、夏椿。別名、沙羅樹。

170702-a (6)

170702-a (7)
スポンサーサイト

269_宝泉院(京都市左京区大原)

2017年07月02日 20:20

京都市左京区大原勝林院町にある天台宗の寺院。山号は魚山、本尊を阿弥陀如来とし、実光院とともに大原寺勝林院の僧坊の一つである[1]。天台宗の三門跡寺院の1つである三千院の参道奥にある。
(wikipediaより)

額縁庭園として有名だが、人が多すぎて、額がはっきりとしなかったが、新緑の季節は、背景が静寂なため、多くの方で賑わっている方が、画になるようにも思えた。

170702-a (5)

268_勝林院(京都市左京区大原)

2017年07月02日 20:19

京都市左京区大原三千院の北にある天台宗の寺院。魚山は大原の円融院、往生極楽院、勝林院、来迎院、融通念仏寺などの諸寺院の汎称で、声明の中心地であった中国の長安の外にある山の名称に由来する。本尊は阿弥陀如来。法然上人二十五霊跡第21番札所。別称は問答寺。
(wikipediaより)

壮麗な建築。軒の美しさが、新緑を背景に映える。天台宗の寺院は、何というか、しっかりしているイメージがある。あまりに漠然としているが・・・

170702-a (3)

170702-a (4)

267_三千院(京都市左京区大原) 

2017年07月02日 20:18

京都市左京区大原にある天台宗の寺院。三千院門跡とも称する。山号は、魚山(ぎょざん)、本尊は薬師如来、開基は最澄である。京都市街の北東に位置する山中、かつては貴人や仏教修行者の隠棲の地として知られた大原の里にある。青蓮院、妙法院とともに、天台宗の三門跡寺院の1つに数えられている。
(wikipediaより)

美しいお寺だった。それは、歴史や建造物の美しさもあるが、何より人の手がかかっている、その美しさにある。人によって愛された寺院のように思えた。優しい。

170702-a.jpg

170702-a (2)

77_床

2017年07月02日 20:16

170702.jpg

最近、少しずつ読んでいる名著。今読むと、単純な感動がある。
正解かはわからないが、何か真理を探ろうとした人と、それを共感しようとした時代があったということに・・・
そんなこんなで、ブログも2000回に到達しました。

週末備忘録

2017年07月02日 20:14

6/30(金)
この一週間は、残業時間を抑える為、毎日早めの退社になる予定だったが、担当した案件のトラブルで、一週間バタバタとなった。
金曜日は、お寺見学。木造で作れば良いというものではない。ただ、やはり木はいい。物そのものと素直に接することができるからだろうか。

7/1(土)
一日、ほぼ家で過ごした休日。
午前は掃除、読書、ランニング。
午後は昼寝、読書、ボクササイズ。

7/2(日)
朝から、京都大原へ。いつかは行ってみたいと思っていたところ。
三千院、勝林院、宝泉院、寂光院と廻り、民宿大原の里で温泉に浸かり、市街地へ。
途中リバーさんに寄り、吉田山散策をした頃、急な大雨に襲われ、バスに乗って京都駅へ直行。
駅構内でそばと親子丼を食し、名古屋に戻ってからは、組合に寄贈(?)する本を購入し、花屋でホテイアオイを2株購入し、喫茶店で寛いでから、寮へ。
風呂に入り、記録をまとめる。
ホテイアオイが増え、大きな鉢に放たれた子メダカも、何とか頑張って泳いでいる。
私も頑張ろう。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。