スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寺についての世俗的な本

2014年09月28日 21:10

『百寺巡礼』 著:五木寛之 を10巻読了する。

140928-1.jpg

久々に、爽快な読書であった。文章を読むこと、理解すること、それがそのまま建築家としての血肉となる。大学の頃、建築書を読んでいた頃の感覚と言うか、とても良い時間だった。

発端は、ブックオフで見つけた『1巻 奈良編』だった。ふと手に取り、何となく購入し、喫茶店で読んでみたら、これが面白かった。五木寛之が100か所のお寺を歩き、その道中と寺の歴史そのものを記しているのだが、彼が追い求めている「日本とはなにか?」「日本人とはなにか?」という根底的な問いが、背景にある。

五木寛之の文章を初めて読んだが、とても読みやすかった。驚くほどすんなり読め、10巻で2500ページ程度であろうか、あっという間であった。「日本論」と言う意味では、私は司馬遼太郎の本を学生の頃少し読んでいたが、それとはちょっと異なる視点がある。どちらかと言えば、司馬遼太郎は近代に着目し、そこを視点に日本を描いていたように思えるが、五木寛之は仏教である。司馬遼太郎が「生」であれば、五木寛之は「死」を描いているのかもしれない。

この本を読み、色々と考えることもあったが、今思い返し、とりあえず感想を残しておこうと思う。

ひとつには、まずお寺というものが、とても一般大衆に開かれた世俗的なものであることを語ってくれたことに、私としてはとてもありがたい気持ちだった。設計者として「社寺」というものは、完全に特殊な世界なのであるが、私はかねがね、公共的な建築において、むしろ社寺こそが一般的なのであり、モダニズム建築こそが現代においては特殊解ではないかと考えていた。一般的な建築家の発想とは、おそらく逆であろう。しかし、建築家ではない五木寛之は、私の気持ちを大きく代弁してくれたようで、とても晴々した気持ちになった。

また、この本を通し、繰り返し繰り返し語れてきたことは、「他力本願」と「神仏習合」についてである。これは読んでみると、ちょっと異なる意味で用いられていることが分かる。他力本願とは、一般的にはネガティブな意味で捉えられるが、五木氏は、それはポジティブな意味で述べている。他力の「他」とは、いわば自分以外の全てである。自分の意志で物事を遂行するという近代的な主体性ではなく、自分以外の環境そのものに自らを開放し、生を歩むということ。どことなくYくんが以前そんなことを言っていたようにも思うが、これは私の「風のイエ」の設計思想と同様である。他力を受け入れる為の機構そのものが、風のイエのテーマである。また、神仏習合についても、解釈としては近い。これは、いわば前近代的な日本の宗教観ではなく、もっと多様なもので、廃仏毀釈が起きた時も、仏と神は、平等に、様々な形式をとりながら、大地の上で生きていたということである。五木氏は、これは元々日本人の根底にあるもので、多様なものを受け入れ、共生させるということが、これからの国際社会でも求められるのではないかということを記していた。平等というよりも。ごちゃ混ぜに、なんとなく、である。

冒頭で、五木氏は人の人生を「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」に分類するインドの思想を挙げているが、林住期か遊行期に近い五木氏の話を、家住期真っ盛りの私が興味を持って読むというのも、ちょっとおかしな話なのかもしれない。きっと同期なんかと話しても、「なんでそんな老けこんでる?」と言われそうである。まぁそんなことはどうでもよいことであるが、何となく自分自身の立ち位置が少しわかったような気もする。

もちろん、私はこの百寺を、そしてそれ以上を巡礼しようと考えている。私の建築家としての野心が騒いでいる。
スポンサーサイト

物の価値

2014年09月27日 10:28

ヤフオクが止まらない。シトロエンに続き、コルビュジエのリトグラフも購入してしまった。

このリトグラフが、破格の値段なのである。しっかり額に入っているため、例え偽物であってももっと高額になるであろう。昨日手元に届き、棚の上に置いてみたが、実にすばらしい。このリトグラフ自体は、どのような価値があるのかよくわからないのだが、リトグラフの右下に「ル・コルビジェ作壁掛(○○銀行所蔵)」とあり、誰かのもとで保管され、或いは、多くの人の目に触れていたことを考えると、このリトグラフが本物かどうかはあまり大した問題ではないと思って購入した(そもそも版画なので、本物か複製品かなどは、あまり関係ないのかもしれないが・・・)

私は、物の質感が好きなので、ネットで物を購入するのはあまり好まなかったし、ましては、実際に会ったこともない人から個人的なやり取りで商品を購入するなど、もっての外だと考えていた。実際に、オークションでは「私が確認できる情報のなかで、最も劣悪な商品である」という認識の下、取引している。その中で、購入できる値段であることが納得できれば、それで問題ない。少なくともこれまででは、金額以上の満足度は得られている。

パリにて、本がネットで販売され、街中の古本屋が潰れていくことを防ぐ条例が出来たとか、以前そんなことを聞いた。私は本屋が好きなので、確かに古本屋は残ってほしいと思うが、ネットはネットでなかなか良い点もあると感じている。当たり前だが、業者を返さないので、ストレートな金額で物を交換できるし、また、物を生産し過ぎたこの日本社会には、ただで引き取って貰えるものならそうしたいと願う人が、きっと大勢いるのだろう。ネットは場所をとらないため、いくらでもその情報を挙げることができる。また、面白いと思う商品がどのように金額推移するかを見ているのも面白いし、自分が面白いと思うものが破格の値段でアップされているのを発見するのも面白い。

難点としては、ほしいものを探すため、ずいぶんとネット閲覧に時間を割いてしまうこと。これは個人的な問題だが、実際にはやはり色々見てしまうし、無駄にほしいものが増えてしまう。最近、その物が美しいかどうかの判断は、「茶室においても美しいかどうか」としている。茶室には、何回か入ったことがあるが、日本が生んだ、最も精密なミクロコスモスのひとつである。その床に置かれるものは、それなりの質を兼ね備えていなければ、空間に耐えられない。

そう考えた時、私が物に求めるものは「質感」「佇まい」「思想」「想像力」等があげられるように思う。これらが一つでも欠けると、どうも飽きてしまう。

こういう風に文字にして見ると、これは建築でも変わらないように思える。上記は「材料」「形態」「歴史・思考」「環境・身体」にそのまま置き換わる。

壁に置かれたコルビュジエのリトグラフは、黒をベースに赤、茶、灰色で構成されており、見ているととても元気が出る。コルビュジエの建築は、歴史や社会的批評性、生産性と連動していたこと、また、それを超えた空間を想像したことに素晴らしさがあると思っていてが、最近は、純粋に「元気が出る建築」という程度に考えている。ただ、彼の建築を見ていると元気が出る。良い悪いは、その後考えればよいのだ。

社寺建築コレクター

2014年09月23日 12:04

自分はとくにコレクターではないが、ここ数カ月は社寺建築を見て回っている。意識的に見にもいくのだが、歩いているとそこらじゅうにあるため、結果的に見ることになるのだ。訪れた際は、必ず写真を撮ってブログに乗せるので、しっかり記録が出来ている。

考えてみると、これはコレクションかもしれない。データで残しているだけのため、モノとしてはないのだが、例えば写真に現像し、日付と件名を記せば、十分なコレクションになるような気がする。

先日、人事面談で社寺建築へ行きたいと明言した。これがなかなか以前はできなかった。上司からの圧力もあったし、他人を信用していない自分もいた。ただ、もはやそういう年齢ではないし、はっきりと意志を表明する方が人間として健康なので、表明したのだ。現在の上司は人間的に優れている人なので、素直に受け止めてくれた。もちろん、上司側からすれば、やってほしい仕事は他にあるので、なかなか好きにさせてあげるわけにもいかないだろうが・・・

社寺建築へ行きたいと、僅かながら意志を示したのは4年近く前である。その時は、まさに亡命というか脱藩するような、そんな決意だった。でも、あの時と今はずいぶんと心境が異なる。あの頃は、社寺建築が好きなのではなかった。日本建築史の研究をするための材料であり、かつ、「もはや社寺建築にしか建築の場所は残されていないのではないか」という、私なりの切迫した使命感によるものだった。

この間、私が憧れる御夫婦からお手紙を頂いた。今東京で行われている戦後住宅の展覧会にて、御夫婦のお宅が展示対象となっているのだが、展示会協力か何かで、展示会の本が手元にあるのでよかったら頂けるということだった。私は手紙を書き、ありがたく頂くことにした。東京から名古屋に届いたその本を、私はありがたく受け取った。ただ、御夫婦のお宅以外は、さほど興味が湧かなかった。どれも、学生の頃から舐めるようにして写真や図面を見ていた建築たちであるが、私の関心が移っていったのである。

今は、社寺建築が好きである。好き・・・というか、社寺建築に対する好みが出て来た。好みと言うのは、とても大切なことだ。そこに、感情を映すことができる。

日本中の社寺建築を巡ること。それは一生かけても到底出来そうにないが、一生かけるだけの価値はあるように思える。どっちにしても、勉強のため訪れるのだ。しっかりとしたモノとしての記録にするもの良いかもしれない。いつか気がついたとき、私はコレクターになっているかもしれない。それぐらいの方が、精神的には健全かもしれないです。

豚の愛車

2014年09月20日 20:58

先日、本屋にて『BRUTUS 手放す時代のコレクター特集』を購入し、読んでしまった。

140920-3.jpg

私は以前から蒐集癖が少しあり、どうもこうしたコレクターには興味が湧いてしまう。この本自体は、以前コンビニで手に取ったが、あまり興味が湧かずその時は購入しなかった。しかし読んでみると、実に面白い。コレクトされた物というよりは、その過程が面白い。言ってみれば、意味のないことに膨大な労力と時間と金をかけているためである。

私に蒐集癖が「少し」しかないのは、どちらかというと、ひとつひとつの物に愛着が湧いてしまい、他の物に目移りしないためである。故に、コレクトすることに意味があればよいが、そうでなければ、その分野でひとつ良いものがあれば、それで満足してしまう。逆にいえば、良い様々な物に囲まれていたいタイプであり、同じようなものが陳列されている姿に憧れはするが、実践には至らない。

この雑誌を読んでいて、蒐集の方法にネットオークションがあることを知った。何を今更というか、現代では周知の方法だろうが、私には未知の領域であった。何となくそのことに興味が湧き、私はヤフオクを初めて使い、とあるものを購入した。シトロエン2CVのミニチュアである。

ひとつの物に意識が傾くと、それだけで頭がいっぱいになってしまう性格であるが、最近は2CVが頭から抜けなかった。実物を買う段階ではないので、本を読んだり、ミニカーを探したりしていた。しかし、実際にはなかなか良いものが見つからず、まぁそんなもんかと思っていたのだが、ヤフオクで検索したら、安値で手に入れることができた。私の性格なので、かなり臆病になりながら用心し取引したのだが、ずいぶんと安全にというか、難なく取引できた。そして、思った以上の質の高さに驚いた。

140920-1.jpg

アルミダイキャストの模型は、とても美しい光沢をもち、ずっと見ていても飽きない。しかもこのモデル1/24スケールのため、現在作製中のサボイアS21と同じスケールなのだ。つまり、豚の愛機と愛車が並べられるわけである。

コレクターにはやや憧れの気持ちがあるが、手に入れた瞬間がゴールで、すぐに新たな物を求めるのは、私としてはちょっと気が引ける。私にとって良い物とは、空間のなかにあり、普段は言葉を発しないが、ふとした時に、その美しさを感じるものである。そういう物に囲まれていたいとは思う。

ちなみに、とある方の愛車には、もみじマークが貼ってあった。もみじマークを貼りながら、暴走するシトロエン2CV。それはちょっと、カッコよすぎる・・・

140920-2.jpg


68_日出神社(愛知県名古屋市)

2014年09月15日 22:29

もと愛宕社と称し、明治四十二年日出町に鎮座の神明社(旧称天道宮)、及び同一境内宗像社白髭社香良須社合殿の二社を合祀して、社名を日出神社と改めた。愛宕社は天道宮と共に清須に鎮座していたが、慶長十五年名古屋城築城の際、現地に移された。

大須を歩いていると、大通りに面し鳥居が建てられ、奥へ進むと、階段の上に神社があった。堂宇は小さく、階段もさほど段差がないが、森におおわれ、空に向かって鎮座するその姿は、神々しささえ感じた。町を歩いていると小さな神社やお寺にぶつかるが、どれも最小限の要素で構成されていることを思う。考えてみると、庶民の信仰としての場であるならば、さほど土地も使えず、費用もかけられないことも多いであろう。ならば、可能な限り要素を限定し、信仰の場を作るということは、当たり前のことなのかもしれない。

140915-4.jpg

67_大須観音(愛知県名古屋市)

2014年09月15日 22:28

真言宗智山派の別格本山。本尊は聖観音。寺号は詳しくは「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」と称し、宗教法人としての公称は「宝生院」だが、一般には大須観音の名で知られる。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場である。なごや七福神の一である布袋像を安置する。寺内に、『古事記』の最古写本をはじめとする貴重書を多数蔵する「真福寺文庫」がある。

大須巡りしている最中、出会ったお寺。大須自体が東京下町のようだが、大須観音はさながら浅草寺のようであった。翼を広げたような風格ある佇まいで、多くの人や活気を優しく受け入れているようであった。色々な国を旅し、建築行脚している頃、結局のところ、人がたくさん集まる建築こそが素晴らしいのではないかと、とてもざっくりとした感想を抱いた。このお寺は、まさにそのような魅力をもっているのだと感じた。そういう意味では、建築様式とか歴史というものは、さほど意味をなさないのかもしれない。

140915-3.jpg

66_日陶神社(愛知県名古屋市)

2014年09月15日 22:26

陶器メーカー「ノリタケ」の敷地内にある神社。社運と安全祈願のため天照大神、熱田大神、迦具土神を祭っている。

広い敷地内にポツンと在るのだが、その縮小化された世界が妙技だった。境界を潜り木々のなかで、石段を上った先に祠がある。世界が徐々に小さくなり、遠近法のように奥行きがある。言ってみれば、ディズニーランドに近いような仕掛けだった。そもそも神仏の宗教施設というものは、ある意味夢想の世界なのである。そうであれば、より希望的に夢想的な方が素晴らしい。

140915-2.jpg

若き時代を生きる建築家として

2014年09月15日 20:23

時々、過去のブログを読み返してみると、新鮮な発見がある。同じ人間が書いているとは思えず、誰かから初めて語られた言葉を聞いているようにも思える。ブログを書き始めてから、5年半が経った。こんなに長く続くとは思っていなかった。元々ブログを書く目的の一つには「異なる時間を生きている自分自身との対話」ということがあった。故に、自分自身の「実験」が、これほど上手く、かつ、意味のあるものであるとは、当時の私からすればほくほく顔であろう。

26歳の時、私はある試作を行った。「many life times」と銘打ち、当時憧れていた人の年表の上に、自分の人生を照らし合わせたのだ。その人物とは「Le Corbusier」「Louis.I.Kahn」「Yukio Mishima」「Hayao Miyazaki」「Rem Koolhaas」の5名だった。彼らの主な作品とその時期を並べると、それなりに興味深い結果であった。コルビュジエとレムと宮崎駿は、30歳代はいわば思想期である。コルの「エスプリヌーボー」やレムの「錯乱のニューヨーク」がわかりやすいが、40歳代以降の作品を作る地盤作りの時期と解釈できる。それに対し、三島は30歳で「金閣寺」を執筆しており、既に文学としての最高傑作を書いてしまっている。逆に、カーンが建築史に残る作品を作るのは、もっと後のことだ。

140915-1.jpg

改めて自分の歳を重ねてみて、少し驚いた。私の年齢は、三島を除いた作家のなかでは、まだまだ思想期の序盤である。彼らが作品で世に問うたのは、早くても30歳代後半からである。何に驚いたかというと、今の私の設計者としての老化ぶりである。私は幸か不幸か、入社してから色々と仕事を任せてもらえ、自分がまとめた仕事もいくつかある。それゆえに、色々現実を知り、仕事そのものも、破たんをきたさない範囲で行うようになっていた。もちろん、私にとって今の業務はあくまで業務であり、私が志すものはまた別にあるのだが、しかし、これほど冷めた視点で仕事と向き合っているとは思ってもみなかった。

しかしその一方では、私の希望は膨らんだ。今、五木寛之の『百寺巡礼』を読んでいるが、全巻読み終わったら、百寺全て廻ろうかと目論んでいる。それはきっとスリリングだろう。なぜなら、あたかもそれは(五木寛之がそうであったかのように)日本そのものをめぐるようなものだからである。社寺建築は、数百年という単位で、その地に根付いている。故に、地勢と呼応しているのである。近代建築はやっと寿命が50年に達しつつあるが、50歳の社寺など、まだまだ新米である。言ってみれば、私にとってのこの10年は、それらとの出会いであり、思慮であり、熟考であり、表現の期間である。

まだまだ先は長いと思うと、とても若々しくなったように思う。人間が何十世代にわたり接してきた建築達に触れられるかと思うと、私が何をもがこうと彼らの人生のほんの一端に触れただけで、いつかすぐ忘れられてしまうであろうが、そう思うと、なおさら嬉しくなるのである。

4年前の26歳の私のブログでは、会社を辞めたいと書き綴っている。とても見苦しくて良い。今は、作品を作るとか、評価を得るとか、建築の社会的批評性だとか、そういうことではなく、もっともっと大きな意味で、建築に触れている。そう思う。

65_三輪神社(愛知県名古屋市大須)

2014年09月13日 21:53

創建は元亀年間(1570~1572年)に、奈良桜井三輪町から小林城(現在の矢場町交差点辺り)に移った牧狭守長清氏が、深く崇敬する生まれ故郷大和三輪山に鎮まる大物主神(大国主神)を築城と共に鎮め祭ったと言われている。

大須に雑多な界隈のなかに、ひっそりと鎮座する。背景には本堂よりも高い現代の建物が聳えている。建物の外観はとても質素なのだが、内部の床はピカピカに磨かれ、神域であった。私は建築の素材を考えるときは、床掃除をした時などに素材に触れた時に「呼応する」ということが重要であると考えている。それは生き生きとした建築の印である。

境内にはクスノキが何本が立ち、神域をつくっている。これらのクスノキがこの神社のなかでどのような役割を担っているかよくわからないが、空間的には、場に陰影と奥行きを与えていた。

140913-1.jpg

140913-2.jpg

140913-3.jpg

拝啓世界様、あなたはどう思われますでしょうか?

2014年09月13日 20:29

毎朝6時半出社の私であるが、眠い時はYoutubeで音楽を聴きながら仕事をしたりする。
昨日、何となく検索したなかに『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』という曲があったので聴いてみたら、気がついたら、今日までの2日間、何回も何回も聴きまくっている。

今日、良く歌詞を聴いてみると、今の私になかなか響いてくる言葉だった。

昨日のあなたが偽だと言うなら
昨日の景色を捨てちまうだけだ

新しい日々をつなぐのは
新しい君と僕なのさ
僕等なぜか確かめ合う
世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ

昨日のアナタが裏切りの人なら
昨日の景色を忘れちまうだけだ

新しい日々を変えるのは
いじらしい程の愛なのさ
僕等それを確かめ合う
世界じゃそれも愛と呼ぶんだぜ

悲しみで花が咲くものか!

新しい日々の僕達は
高なる予感がしてるのさ
君と僕が夢を叫ぶ
世界はそれを待っているんだぜ


いつか願った夢。しかし、一度消え、消えたままでいいと思っていた夢。
でも、この歌を聴いていると「そうではないのではないか」と、ちょっと思えたりもする。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。