学び

2014年04月29日 21:13

社寺の学習を集中して行っている。というか、社寺以外の勉強をしていない。私の人生の中で、ひとつの分野のみに特化し学んでいることは、初めてではないかと思う。そうだからこそ、見えてくることがたくさんある。

学生の頃は、日本建築史研究室に在籍していたことの必要性もあり、とにかく覚えることに必死だった。和様と禅宗様の違いは、伽藍配置の変遷は・・・等など。当時の参考書を見ると、まるで受験勉強のような記述がある。

今私が学んでいるのは、あくまで、社寺と、或いはそれにまつわる世界と接するためである。その接し方を知るには、知識は必要なれど、感覚で理解することが重要である。建築であり何であれ、そのように決定された物事には、正しいかそうではないかは別とし、何かしらの理由がある。建築の様式は、技術変遷と呼応した、いわばその時代の雰囲気だと思っている。

そう考えると、歴史は急に何かを訴えてくる。学びは、とても楽しくなる。しかし、そのための自分のキャパシティのなさと言うか、面白い半面、内容が頭に入ってき過ぎて、パンク状態でもある。

でも、それは実際に建築を見に行くことで解消できるだろう。名古屋から京都まで、新幹線で30分5000円である。幸か不幸か単身者な私。これくらいの額は、毎週はたいても全く問題にならない。

明後日、以前ヨーロッパを旅行した時に出会った友達と、約8年ぶりに再開する。あの頃は、建築に夢中だった。建築を知ること、旅をすること、異国の空気を吸う事を、ただ欲し、何か正しいことのように感じていた。その頃、中田英寿にまつわる本を読んでいたが、当時の私の年齢である21歳は、彼がヨーロッパに旅立った年齢でもあった。

あれから8年が経ち、私は中田が引退した年齢にまでなってしまった。しかし今、あの頃のような情熱を感じている。建築を知ること、そのことに、喜びを感じている。

そして、所謂「建築界の動向」とやらとは、疎遠になってしまった。伊東豊もSANNAも、今となっては大建築家には映らない。大学のとある先生が「君はなぜコルビュジエを知っているのか?」ととある学生に尋ねたらしい。ふとそんなことを思い出した。

ただ、そうであるからこそ、あの頃、建築のスーパースターを追いかけ、理解できないなりに批評ぶり、それでも自分なりにそれらしき確かなるものを見つけ、語ってきた日々は、とても意味があったと改めて思う。

いや逆だな。それがあったから、今があるのだ。

スポンサーサイト

「余命1ヶ月の花嫁」をみる

2014年04月28日 23:40

Youtubeで、「余命1ヶ月の花嫁」のドキュメンタリーを観た。

このタイトルの本が本屋に並んでいるのを知っていたが、手に取ることはなかった。タイトルからストーリーがわかってしまうし、そして、それは悲しいものであることは明白だからだ。

たまたまYoutubeで見て、全部を観ようと思ったのは、彼女が、撮影されることを望んでいたからである。

内容については、あまり軽々しく記せるものではない。がんとの闘いは、祖父を想わせる。それは、TVドラマであるような綺麗なものではなく、現実がある。

彼女のメッセージにもあるが、日々生きていること、そして明日が来ることは、奇跡と思う事がある。しかし、では誰もが、常にそのように思えるかと言えば、きっとそうではない。少なくともこの日本社会においては、そのように感じづらい状況であると思う。

そもそも人間は忘却の生き物である。忘れなければ、昨日の自分と今日の自分が同一であることすらわかりえない我々は、日々生きることはできないであろう。それでも何となく生きていこうとすることが、人間である。

ただ、時々、とても世界が閉塞感に満たされた時、「そうではない見方もあるよ」と思えることは、生きる上でとても重要なことである。「生きているだけで幸せ」という言葉は、生きることが苦しい時に意味をなす。

彼女のメッセージを、涙なくして受け取ることはできなかった。それは、多くの人が同じであろう。では、私には、このドキュメンタリーを観た後に、何が残るのであろうか。

それはわからない。理由は、既に書いたつもりである。

ただ、ひとつ大きな変化があった。ベランダにあるガラス鉢を見ると、そこには小さな命が泳いでいた。メダカの卵が、孵化したのである。それも3匹もいる。まだ、黒い目が大きく、ひょろひょろの身体で、彼らは泳いでいた。

たった今、孵ったのだろうか。そうかもしれない。でも、そうではないのかもしれない。こんな小さな命を、私は見過ごしていたのかもしれない。

見えるものや、見えることは、常に明白にそこにある。でも、どうしても、見えづらくなってしまうことが、我々の生活にはいくらでもある。それは仕方のないことである。

なぜ、この時見えたのか。その答えも、既に書いたつもりである。

19_石山寺(滋賀県大津市)

2014年04月28日 20:59

奈良時代の創立で、造東大寺司により整備された。本堂は平安時代建立の本堂部分に懸造の礼堂がとりつき、両者を1間の相の間でつなぐ形式の大規模な仏堂。多宝塔は、日本の多宝塔のなかで最も古い遺構。天然記念物の珪灰石の石塊の上、一段高い所に建つ。

多宝塔の代表作として、見ておきたかった。京都建築ガイドブックで眺めながら何度も行こうと思っていたのだが、京都からやや離れている(実際はそうでもなかった)ため、敬遠気味で、今回初来訪。
門をくぐり、直線に伸びる参道を歩く。本堂および多宝塔は奥の山の頂にあるため、密教的な奥行きがある。ただ、私はそれが心地よいかと言えば、そうでもなかった。私にとって社寺とは、あくまで「空白」としての意味が強い。つまり、都心部にある方が、わかりやすいのである。人里離れた場所は、そもそも空白感がある。
しかし、石段を登り多宝塔が聳えるのを眺めた時、これは美しいと思った。何というか、無の感覚に近い。塔であるからには、否応なく強いシンボル性を帯びるのであるが、なんというか、威圧感がなく、しかし控えめでもなく、そう、透明なのである。
なかなか言葉で説明することが難しいのだが、その理由は、多宝塔ならではのプロポーション感覚にあるように思える。下層部は正方形で、上層部が円形となるこの形状は、安定性と躍動性を見事に兼ね備えている。「なにもない」ということは、言葉を発しないことではない。言葉を溶かしていき、無に向かって進むのである。いわば、いつしか建築界で隆盛した脱構築である。しかし、この場合の「言葉」とは、人間の言語ではなく、自然の言語である。自然と呼応し、あくまで(人工的な)建築として規律する。見事だと思った。

140428-2-2.jpg

140428-2-1.jpg

140428-2-4.jpg

140428-2-3.jpg

18_妙心寺(京都府京都市右京区)

2014年04月28日 20:57

末寺3400寺余りを有する臨済宗最大の門派であり、大徳寺と並んで禅宗伽藍の全容をよく残す寺院。南北に並んだ主要伽藍の周りに40を超える塔頭が並ぶ。

禅宗様の寺院を見たく来訪。境内はとても大きく、全体を歩き、ガイドツアーに参加し、各塔頭の内覧をするだけで、かなりの時間とエネルギーを使った。ただ、それだけの意味はあった。
禅宗様の代表である法堂、仏殿は、確かに禅宗様としての軽快さがあり、その時代の雰囲気を想わせた。ただ、全体的にどっしりとしたプロポーションのため、どこか表面装飾的にも感じてしまった。
逆に、強く感銘を受けたのは、各塔頭の前庭であったり、坪庭、中庭の美しさである。寺院建築は、その様式故、何かしらの意味合いというか、「言葉」を発する。それに対し「なにもない場所」は、庭となる。とくに、枯山水の庭は、その効力を大いに発揮する。では、私にとって建築が本質ではないかと言えばそうではなく、なにもない場所(=空白の庭)へ至る過程そのものが、建築なのである。
そして今回の主役は、赤く咲き誇る椿である。それはそれは濃い赤で、妖艶そのものであった。

140428-6.jpg

140428-7.jpg

140428-1.jpg

140428-2.jpg

140428-3.jpg

140428-5.jpg

140428-4.jpg

メダカの産卵

2014年04月27日 20:40

この2週間。メダカのお腹にはほぼ毎日、常にたくさんの卵が付いている。卵が出来てから受精するのか、逆かちょっと良く分かっていないのだが、とりあえずたくさんの命のしるしがある。卵を産むこと自体、環境がそこそこ整っていることの証しだから、うれしいというか、ほっとする心持である。

メダカは自分の卵を食べてしまう習性があるため、水草に付いた卵を発見したら別の水槽に移してあげる必要がある。今は、アアルトのガラス器をそれ用としている。

時々考えるのは、私の水鉢で生まれ、育ったメダカは、世界をどのように捉えるのかということ。この世界しか知らなければ、それが全てなのだろうか。

以前、動物実験の施設見学に行った際、数十匹の犬が、ワンワン、ガンガン、ギャンギャン叫びながら、みなこちらを見ていた。可哀そうに見えたが、彼らは研究用に生まれ育てられたから、特に問題ないと説明された。

結局、彼らが世界をどう捉えているか知りようがないため、何を考えてもしょうがないが、私の水鉢で育ったメダカは、出来るだけ幸福であってほしいと思う。

下請

2014年04月27日 20:32

今、巨大な工場の設計をしている。支店ならではというべきか、既に6年生だからか、無茶ぶりというか、仕事を任されている感じで「何か問題はあったか?」「ないないなら、ではあとよろしく」といった感じ。工場の設計などしたことがないのに、まぁ愚痴をいっても仕方ない。

工場という用途は、デザインを思考する設計者からすれば、あまり面白い対象ではないだろう。いってみれば、安く、早く、がらんどうの箱を作るだけなのだから。しかし、今の私としてみれば、社寺以外の用途は、興味としては一様であるため、できるだけ仕事を任されて、法的な事項や納まりなどを覚えたいため、決して悪くはない。

今の仕事が難しいのは、我々が「下請」だということである。そもそも建設業そのものが下請に近いが、今回の仕事は特別な施主で、否応なくそのような体制となっている。

実際に仕事をしてみると、その大変さを感じる。とめどない計画変更。結局、連休に入り、施主からの要望が事実上こなくなってから申請図作成。連休明けに申請。結局GWも出勤となる。逆にいえば、我々が法的な責任を負わないため、言われるがままになりがちで、責任感というか、気迫が薄くなる。

これまで、メーカーの図面が、なぜあれほどまでに不整合があるのかと思ったが、何となく納得できてしまう。

今は、上司に恵まれているので、幸福に仕事を出来ていると思う。本社にいた頃、幾度となく感じた倦怠感は今は感じない。元々地方生まれ。地方の方が向いているのかもしれない。

17_龍泉寺(愛知県名古屋市守山区)

2014年04月19日 21:24

名古屋城の鎮護となっている尾張四観音の一寺院。400年程度前に家康が名古屋城築城の際に名古屋城から見て鬼門の方角にあたる寺院を名古屋城の鎮護として尾張四観音と定めた。

丘の上にある、とてもお寺らしい寺院。初めて多宝塔を見たが、形態としての美しさがある。鐘をつくと、町中にその音が響いているのではないかと思うほど、気持ちが良いものであった。木々に囲まれた境内では、ところどころ緑や石による庭があり、建物と建物によって仕切られた小空間を、美しく仕立てていた。こういった風景が、私は好きである。

140419-8-3.jpg

140419-8-2.jpg

140419-8-4.jpg

140419-8-1.jpg

16_白山神社(愛知県名古屋市東区)

2014年04月19日 21:22

とても好きな神社。そもそも、勝男木と千木の構成だけで私は高揚してしまうのだが、それが小さな公園のような境内で、軽妙に、妙な緊張感なく建っている姿が、私には美しかった。神社そのものも格式ばっておらず、しかし、内部空間含め、清々しさがあった。

140419-7-1.jpg

140419-7-2.jpg

140419-7-3.jpg

15_徳川園(愛知県名古屋市東区)

2014年04月19日 21:20

徳川園は、徳川御三家筆頭である、尾張藩二代藩主光友が、元禄8年(1695年)に自らの造営による隠居所である大曽根屋敷に移り住んだことを起源とし、当時の敷地は約13万坪(約44ha)の広大さで、庭園内の泉水には16挺立の舟を浮かべたと言われている。光友の没後、この地は尾張藩家老職の成瀬、石河、渡邊三家に譲らたが、明治22年(1889年)からは尾張徳川家の邸宅となる。昭和6年(1931年)、十九代当主義親から邸宅と庭園の寄付を受けた名古屋市は整備改修を行い、翌年「徳川園」が公開。昭和20年(1945年)に大空襲により園内の大部分を焼失した後は一般的な公園として利用されたが、平成16年秋に日本庭園としてリニューアルした。

社寺とともに、庭園も見るようにしている。やや公園のようなオープンな回遊庭園であり、影がない分、奥行感が感じにくかった。印象に残ったのは、庭園内にある茶室。外から覗いただけだが、そこにはミクロコスモスの自然があった。やはり茶室はスケール感が全く異なるため、外部から覗いていると、それこそスケールアウトしてしまう。やはり、躙口から室内に入る過程そのものが、とても重要だと感じた。

140419-6-2.jpg

140419-6-3.jpg

140419-6-1.jpg

14_徳源寺(愛知県名古屋市東区)

2014年04月19日 21:19

臨済宗妙心寺派の禅宗専門道場。

大きな敷地内に、用途ごとの建物が配置されている。仏様が納められている建物もあるが、お坊さんの住まいのような住宅形式の建物もあり、どれもなかなか美しい。感銘を受けたのは、枯山水の庭。庭としてはそれほど壮大ではないが、それでも力を感じる。枯山水の素晴らしい点は、人為的に自然を疑似作成することである。なにもない場所は、あたかも「自然」のようであり、自然ではないその姿によって根拠づけられている。

140419-5-1.jpg

140419-5-3.jpg

140419-5-2.jpg


最新記事