スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月30日(金)

2011年09月30日 23:14

送迎会にて酔っ払う。

明日は製図。

はい、まじめにやります。
スポンサーサイト

9月29日(木)

2011年09月29日 20:56

最近、怒られながらも成長している気がする。

10日後試験だが、その間に仕事上の飲みが2回(汗)

とりあえず今日帰ってから製図だ。

9月28日(水)

2011年09月28日 23:57

実施設計発行前のドタバタで、結局終電逃す。

夕飯も食ってないなぁ。

ボーッとしていれば空は明るくなるのだから、この世は不思議だ。

今週は製図の勉強が出来ていない。まぁ同期も同じだが・・

電車に乗り込む、顔を赤らめたオヤジ達がウザッタイ

幸福かどうかなんて

2011年09月27日 23:00

いつか会社の飲み会の席にて、先輩がふたつのコースターを天秤に見たて、お前の幸せと彼女の幸せを、お待はどういうバランスでかんがえているのかと、問うてきた。

私は酔いが回っていたせいもあり、自分のコースターを先輩から取り上げ、そんな指標は存在しません、と私は言った。

そのように自分や他人を判断する人が、わたしは苦手である。

自分自身が幸福かなんて、自分自身で分かるはずもない。

何かにすがることによって、私は自分自身を確認することができる。

ただ最近ことに思うことには、私はやはり幸福である、ということである。

台風二過

2011年09月26日 21:31

不謹慎ながら、先日の台風の夜は楽しかった。

風が強かったからかな。

風のイエ(田園調布案)の構想が、頭から抜けない。

夢だな。

インパクトから透明へ

2011年09月25日 20:26

かつては、誰もが何らかのインパクトを受けるような存在が「建築」であると、コールハースの真似事を話していた。

ただ今は、誰にとっても当たり前の、それこそ空気のような存在、それを「建築」として提起できるなら、それもまた壮大なことであると思う。

そしてそれは、建築家にはできないのだ。不可能なのである。

しかし、それができないのであれば、あなたは建築家ではない。

「一生懸命生きること」と「まじめに生きること」

2011年09月24日 19:33

「一生懸命生きる」ということが、私が発見した世界の真理だった。

それはなりふり構わず走るということで、加速度的な運動である。

双葉が言った「まじめに生きる」ということは、もうひとつの真理であると思った。


それは受け入れるということ。


前者が能動的ならば、後者は受動的である。

取捨選択することではない。どちらも我々に在る。

ただ、数年前の私だったら、そのことには気が付かなかったに違いない。

台風一過

2011年09月22日 22:01

台風にて、交通手段が麻痺する。誰かが「地震の時以来だね」と言っていた。

都営浅草線、蔵前駅にて、数時間立ち往生。

いや、正確には私は電車の椅子に座っていたから座り往生か。

ホームの人たちは、壁に寄りかかったり、地べたに座りながら、携帯をみたり、新聞を読んだりしている。

彼らと私の間には、どのような差異があったのだろうか。


台風一過

8時間かけて家に着く。

風が心地よく、どういうわけか、空は満点の星空だった。

9月20日(火)

2011年09月20日 23:02

辻井さんの曲を聴く時は、なぜか空を見上げてしまいます。

昨日の空は美しく、今日の空は妖艶だった。

空はいつも空だが、いつも違う。

だから、見飽きない。

辻井さんの曲に似てるな。

9月19日(月)

2011年09月19日 21:22

製図は、とりあえず順調。ただ、今年どうしても受かりたい。

去年は、試験の後彼女の合格を願った。

今年は自分の合格を願おう。

試験が終わった次の日は、できるなら東北へ行きたい。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。