266_詩仙堂(京都市左京区)

2017年05月21日 19:59

京都市左京区にある、江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡。国の史跡に指定されている。現在は曹洞宗の寺院でもあり丈山寺という。
(wikipediaより)

会社の後輩に勧められ訪れたが、小さな庵のなかに、草庵風な自然素材を使った工夫もあり、とても心地が良かった。紅葉の時期は、美しい風景が見られるのであろうが、私は、静かな時期が好きである。

170521-3.jpg
スポンサーサイト

265_曼殊院八窓軒(京都市左京区)

2017年05月21日 19:58

京都市左京区一乗寺にある天台宗の仏教寺院である。山号はなし。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は是算(ぜさん)である。竹内門跡とも呼ばれる門跡寺院であり、青蓮院、三千院(梶井門跡)、妙法院、毘沙門堂門跡と並び、天台五門跡の1つに数えられる。国宝の黄不動画像や曼殊院本古今和歌集をはじめ、多くの文化財を有する。近畿三十六不動尊第十七番。
(wikipediaより)

八窓軒の茶室を見させていただく。ひとつひとつの窓に、仏教上の教えがあり、空間的にも、光が宙を舞うようであった。かなり老朽化が進んでいるようにも感じたが、自然光のなか、静かな茶席を想像し、幸福な気持ちになる。

264_後楽園(岡山県) 

2017年05月21日 19:57

日本三代庭園のひとつ。お庭自体はとてもきれいで、なんというか、浮世離れしているような、そんな感覚だった。ただ、多くの人々で賑わっており、とても好感を覚えた。
特に、建屋の中央が水路となる流店は、如何にも日本的な建築で、優美だった。これほど華奢な建築は、現代の建築基準法では作ることができないように思える。建築の進歩は、多くのものを犠牲にし、成立してきたような気がしてならない。

170521-2.jpg

263_栗林公園掬月亭(香川県高松市) 

2017年05月21日 19:56

この空間に触れると、ミースが提唱した(?)、近代的な空間とは何であったのか、と思う。既に、これほどまでに完成され、透明性と揺らぎがあり、浮遊感を帯びた建築があるのである。そして、それは単に固定化された空間ではなく、お茶を通した所作に寄り、空間が変容するのだ。
近代とは、何であったのだろうか・・・

170521-1.jpg

73_床

2017年05月21日 19:55

170521-4.jpg

先週、ふと書き記した言葉。
魔法の言葉。


最新記事